保険会社の主張を退け、適正な休業損害等が認められ350万円が補償された事例 | 交通事故|福岡で弁護士に相談をするならたくみ法律事務所へ

福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。相談が寄せられた件数年間771件

福岡の交通事故被害者相談|弁護士法人たくみ法律事務所

料金新規予約専用フリーダイヤル:0120-043-211

保険会社の主張を退け、適正な休業損害等が認められ350万円が補償された事例

【相談者】 女性(40代) / 豊前市在住 / 職業:会社員
【傷病名】 頚椎捻挫(むちうち)・左肩捻挫
【後遺障害等級】 14級9号
【活動のポイント】 後遺障害等級申請、裁判での交渉
【サポート結果】 後遺障害等級認定獲得、適切な賠償金額獲得

主な損害項目 金額
休業損害 106万円
傷害慰謝料 90万円
逸失利益 99万円(労働能力喪失期間:5年、労働能力喪失率:5%)
後遺障害慰謝料 110万円(裁判基準)
最終支払額 350万円(過失相殺なし)

1.相談・依頼のきっかけ

相談風景

 40代の豊前市在住の女性が、豊前市内の信号機のある交差点で赤信号のため停車中に、後方より加害車両に追突される事故に遭いました。


 この事故で、被害者は頚椎捻挫・左肩捻挫の怪我を負いました。


 事故後、ご自身の保険会社より紹介を受け、別の弁護士事務所に依頼をしていましたが、対応に不満があり、保険代理店のご紹介で当事務所にご相談・ご依頼を受けました。


 事故により退職予定があり、収入がなくなるうえに健康保険が使えない、かつ、治療費が自費となってしまうと大変困るということからご相談いただきました。


2.当事務所の活動

 ご相談・ご依頼をお受けしたのが受傷後約2ヵ月を経過した頃でした。


 被害者の運転していた車にはお子さんも同乗しており、お二人ともお怪我をされていましたが、保険会社は3ヵ月しか治療費を出さないと言ってきました。


 病院より、まだ治療が必要と言われていたこともあり、今回は、症状固定前の通院期間中から受任し、サポートさせていただきました。


 お子様は事故より3ヵ月で治療終了、被害者についても治療費が3ヵ月で打切されましたが、痛みが残存じていることからその後もしばらくの間自費にて整形外科でのリハビリを続け、受傷後約6ヵ月半経過した時点で症状固定とし、当方関与のもとで後遺障害の申請を行いました。


 その結果、自賠責保険において、ご本人が訴えていた首の痛みや右腕のしびれ等の症状について、14級9号の後遺障害の認定を受けました。


 それから、14級9号の認定結果を前提に示談交渉へと移りましたが、休業損害労働能力喪失期間、後遺障害の慰謝料の面で折り合いがつかず、裁判へと移行することになりました。


3.当事務所が関与した結果

 裁判の中で一番争点となったところは、休業損害と逸失利益の点でした。


 この方は、事故後症状固定前に会社を退職していました。


 そして、相手方は、休業損害について、相手方は被害者が退職後の家事従事者としての休業損害は認めないと主張してきました。


 在職中は一日のかなりの時間を職場で費やしていたのであるから、退職し以前通りの家事をすることは容易であるといった主張でした。


 それに対し、当方は、被害者がこれまで働いていたことから家事従事が制限されていたに過ぎず、今後専業主婦になったことにより、家事に携わる量は増える事や、実際には本件事故により退職に追い込まれており、休業損害の程度は大きいこと等を主張しました。


 また、当方が、労働能力喪失期間は少なくとも5年とすべきであると主張したのに対し、相手方は、「3年とすべき」と争ってきました。


 それに対し、当方は、被害者が車での移動が多い仕事の中で、首や肩の負担が大きかったこと、また当時通院をしていた整形外科からの「職場復帰後休みだけ通院であれば完治は難しい」という指示よりやむを得ず職場を退職したのであり、症状固定後も整骨院での施術を受けていること等から、労働能力喪失期間を制限する理由はないと訴えました


 その結果、休業損害として106万円労働能力喪失期間5年と認めていただき、賠償金350万円(治療費や休業損害等全て含む)を獲得することができました。


4.弁護士 壱岐 晋大の所感(解決のポイント)

弁護士壹岐晋大

 裁判での交渉においても、ほぼこちらの請求額通りの金額で和解することができましたので、適切な賠償を受けることもできました。


 むちうち等で仕事を辞めることについて、「そこまでの傷害ではない」等否定的な主張をされることはよくあります。


 実際にも仕事が完全にできなくなるケースというのは少ないでしょう。


 ただ、症状の程度や職場環境はそれぞれ異なりますので、その方に合った賠償を求めていく姿勢が重要と思われます。


 ▶ むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント


お客様の声

20170324


2017.3.24掲載


おすすめコンテンツ

弁護士選びのポイントご相談の流れ弁護士費用


九州トップクラスの豊富な解決実績!
受傷部位で探す
全人体図 頭部(脳) 遷延性意識障害、高次脳機能障害など
顔(目・耳・鼻・口) 頬骨骨折、顎骨骨折、眼窩上壁骨折など
首 頚椎捻挫(外傷性頚部症候群)など
肩 肩鎖骨関節脱臼、鎖骨骨折、肩甲骨骨折など
脊髄、脊柱 腰椎圧迫骨折など
腕、肘、手 上腕骨骨折、尺骨骨折、手関節TFCC損傷など
腰 腰椎捻挫、腰椎椎間板ヘルニアなど
骨盤~股関節~大股 骨盤骨折、股関節脱臼など
膝 後十字靱帯損傷、半月板損傷など
太ももから足先(膝を除く) 大腿骨骨折、腓骨骨折、踵骨骨折など
相談実績コラムはこちら 死亡事故醜状障害 高次脳機能障害その他

後遺障害1~4級後遺障害5~8級後遺障害9級後遺障害10級後遺障害11級後遺障害12級後遺障害13級後遺障害14級後遺障害認定なし事例の特徴で探すスピード解決賠償金の大幅増額後遺障害の異議申し立て事故の分類で探す自動車自転車バイク歩行者被害者属性別で探す会社員会社員役員公務員自営業アルバイト・派遣主婦・家事従事者無職学生・児童余白



お問い合わせはこちら

交通事故の無料相談のご予約メールでの交通事故の相談予約交通事故の相談の流れ

 事前にお電話またはメールにて相談日のご予約をお願い致します。


 ※スケジュールの関係上、お電話・メールでのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。


●HOME ●弁護士紹介 ●事務所紹介 ●アクセス ●弁護士費用

弁護士法人たくみ法律事務所 概要/福岡県福岡市中央区渡辺通3丁目6番15号 NOF天神南ビル10階 フリーダイヤル:0120-043-211 ご予約受付時間
平日 9:00~19:00

アクセスはこちら

事務所所在地

外観

〒810-0004
福岡県福岡市中央区渡辺通3丁目
6-15号 NMF天神南ビル10階

クリックすると地図が拡大されます

アクセスマップ

代理店サポート 公式facebookページ 公式ブログ 相談票のダウンロード 夜間法律相談受付中 たくみ法律事務所事務所サイト 後遺障害サイト 【公式Google+ページ】交通事故被害者側専門の福岡の弁護士
 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

解決実績
相談の流れ
メールでのお問合せはこちら
運営:福岡県弁護士会所属(登録番号29660)弁護士 宮田卓弥 Copyright©2014 交通事故 弁護士 福岡 | 弁護士法人たくみ法律事務所 All Rights Reserved.
住所:〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通3丁目6-15 NMF天神南ビル10階 代表番号:092-724-4848