後遺障害による労働能力喪失期間とは? | 交通事故|福岡で弁護士に相談をするならたくみ法律事務所へ

福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。相談が寄せられた件数年間771件

福岡の交通事故被害者相談|弁護士法人たくみ法律事務所

料金新規予約専用フリーダイヤル:0120-043-211

Q.後遺障害による労働能力喪失期間とは?

A

 労働能力喪失期間とは、後遺障害により労働能力が喪失される期間のことをいい、症状固定時からがスタートです。


 後遺障害が残った場合、逸失利益は、基礎年収×労働能力喪失率×労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数(将来の請求もまとめて請求するため中間利息を控除します)により計算します。


 後遺障害は本来、治療を継続しても治らないと診断された場合に認められるものでることからすれば、症状固定から労働能力喪失期間は稼働可能期間の終期とされる67歳までの期間であるはずです。


 しかし、軽い後遺障害においては、労働能力喪失期間が短くなってしまう場合があります。代表例としては「むちうち」です。12級のむちうちの場合は10年、14級の場合は5年程度に制限する場合があります。


 その理由としては、後遺障害の意義からすれば矛盾するものですが、治療によっては症状が回復したり症状への馴れなどにより、労働能力が元通りになると考えられているからです。


関連ページ

【後遺障害Q&A】後遺障害による労働能力喪失率とは?

【後遺障害Q&A】専業主婦で収入がありませんが、逸失利益は認められますか?

【後遺障害Q&A】兼業主婦ですが、逸失利益はどうなるのでしょうか?

【解決実績】首の後遺障害(むちうちなど)の解決事例


交通事故Q&Aに戻る


お問い合わせはこちら

交通事故の無料相談のご予約メールでの交通事故の相談予約交通事故の相談の流れ

 事前にお電話またはメールにて相談日のご予約をお願い致します。


 ※スケジュールの関係上、お電話・メールでのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。


●HOME ●弁護士紹介 ●事務所紹介 ●アクセス ●弁護士費用

弁護士法人たくみ法律事務所 概要/福岡県福岡市中央区渡辺通3丁目6番15号 NOF天神南ビル10階 フリーダイヤル:0120-043-211 ご予約受付時間
平日 9:00~19:00

アクセスはこちら

事務所所在地

外観

〒810-0004
福岡県福岡市中央区渡辺通3丁目
6-15号 NMF天神南ビル10階

クリックすると地図が拡大されます

アクセスマップ

代理店サポート 公式facebookページ 公式ブログ 相談票のダウンロード 夜間法律相談受付中 たくみ法律事務所事務所サイト 後遺障害サイト 【公式Google+ページ】交通事故被害者側専門の福岡の弁護士
 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

解決実績
相談の流れ
メールでのお問合せはこちら
運営:福岡県弁護士会所属(登録番号29660)弁護士 宮田卓弥 Copyright©2014 交通事故 弁護士 福岡 | 弁護士法人たくみ法律事務所 All Rights Reserved.
住所:〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通3丁目6-15 NMF天神南ビル10階 代表番号:092-724-4848