交通事故の加害者が無保険だった場合の賠償金 | 交通事故|福岡で弁護士に相談をするならたくみ法律事務所へ

福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。相談が寄せられた件数年間771件

福岡の交通事故被害者相談|弁護士法人たくみ法律事務所

料金新規予約専用フリーダイヤル:0120-043-211

Q.交通事故の加害者が無保険だったらどうすればいいのですか?

交通事故でけがをしてしまったのですが、加害車両の運転者が任意保険に入っていませんでした(無保険)。運転者に資力がない場合、運転者から賠償金を受け取ることはできないのでしょうか?


A

 賠償金を受け取れるのは運転者からだけではないケースがあります。


 通常、自動車の持ち主は自賠責保険に入っていますから、完全に無保険ということは比較的少ないケースです。


 しかし、特に原付自転車の場合は、自賠責保険に入っていない人もいますし、なにより自賠責保険では支払いに限度額があるため、大きな事故では適切な賠償がされないことがあります。


 そんな場合には、被害者自身の保険を検討するほか、「運行供用者」といわれる人たちから賠償金を受け取れることがあるので、これを検討することが重要です。


運行供用者とは?

 自動車、バイク、原付自動車の事故で、かつ人身事故の場合には、「自己のために自動車を運行の用に供する者(運行供用者)」に賠償責任が生じます。(自動車損害賠償保障法3条)


 この運行供用者は、運転手だけを含むものではありません。運転者と下記のような関係にある人に賠償責任を認めた判例があります。

  1. 自動車の所有者が友人に、ドライブのために車を貸した場合の、所有者
  2. 父親が自動車を息子に貸し、息子が友人に自動車を運転させた場合の、父親
  3. 息子が原付で事故を起こした場合に、原付の購入費、維持費を払っていた父親

 つまり、「車の運転について、運転者と貸し借り、経済的関係などの人的関係にある人」にも「運行供用者である」として賠償を請求できるケースがあるということです。


 しかし、この「運転者とどのような関係にある人が運行供用者にあたるか」は弁護士や裁判官でも苦慮する、とても微妙な問題なのです。加害者が無保険の場合には、相手方の保険会社が出てこないため交渉が難航しやすいこともあり、賠償金を諦めてしまいがちです。


 しかし、一度弁護士に相談し、運転者以外の人への請求ができないか、考えてもらうことをお勧めします。


関連ページ

【解決事例】任意保険無加入の車に児童がはねられ、3,700万円の補償を受けた事案

【解決事例】任意保険無加入の車に歩行者がはねられ、約3,600万円の補償を受けた事案


交通事故Q&A


お問い合わせはこちら

交通事故の無料相談のご予約メールでの交通事故の相談予約交通事故の相談の流れ

 事前にお電話またはメールにて相談日のご予約をお願い致します。


 ※スケジュールの関係上、お電話・メールでのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。


●HOME ●弁護士紹介 ●事務所紹介 ●アクセス ●弁護士費用

弁護士法人たくみ法律事務所 概要/福岡県福岡市中央区渡辺通3丁目6番15号 NOF天神南ビル10階 フリーダイヤル:0120-043-211 ご予約受付時間
平日 9:00~19:00

アクセスはこちら

事務所所在地

外観

〒810-0004
福岡県福岡市中央区渡辺通3丁目
6-15号 NMF天神南ビル10階

クリックすると地図が拡大されます

アクセスマップ

代理店サポート 公式facebookページ 公式ブログ 相談票のダウンロード 夜間法律相談受付中 たくみ法律事務所事務所サイト 後遺障害サイト 【公式Google+ページ】交通事故被害者側専門の福岡の弁護士
 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士選びのポイント
解決実績
弁護士費用
メールでのお問合せはこちら
運営:福岡県弁護士会所属(登録番号29660)弁護士 宮田卓弥 Copyright©2014 交通事故 弁護士 福岡 | 弁護士法人たくみ法律事務所 All Rights Reserved.
住所:〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通3丁目6-15 NMF天神南ビル10階 代表番号:092-724-4848