遺族年金を受け取ると、相手方に請求できる損害賠償から控除されてしまいますか? | 交通事故|福岡で弁護士に相談をするならたくみ法律事務所へ

福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。相談が寄せられた件数年間771件

福岡の交通事故被害者相談|弁護士法人たくみ法律事務所

料金新規予約専用フリーダイヤル:0120-043-211

Q.遺族年金を受け取ると、相手方に請求できる損害賠償から控除されてしまいますか?

A.

①控除の有無

 遺族年金とは生計の担い手である被保険者がお亡くなりになったとき、国民年金・厚生年金保険や各種共済組合などから、一定の要件を満たす遺族の方に給付される年金です。


 公的年金は2階建て方式といわれており、受給資格のある全国民に給付される遺族基礎年金(1階部分)と、賃金報酬に比例して給付される遺族厚生年金・遺族共済年金(2階部分)とがあります。


 この遺族年金を受け取った場合に、損益相殺という考え方によって、その額が、損害賠償の額から控除されます。


 損益相殺とは、不法行為による損害賠償の算定をする際に、被害者の方が損害を被った反面、その損害に関連して利益を得ている場合、損害賠償額の調整をするという考え方で、被害者の方が受けた利益額が損害賠償額から控除されることになります。


 そして、遺族年金は被害者の方が亡くなられたことを原因とするものなので、この損益相殺の対象となります。


②控除の範囲

 ここで、実際に受け取ったものだけではなく、遺族年金は将来にわたって受け取る可能性のあるため、どこまでの範囲が損益相殺の対象となるかが問題となります。


 この点判例は、支給を受けることが確定した遺族年金の限度で、これを加害者の賠償すべきと判断しています。


 そのため、既に支払われた遺族年金の額及び通知などが既に来ていて、支払われることが確定している額について控除されることになります。


死亡事故のご遺族の皆様へ


お問い合わせはこちら

交通事故の無料相談のご予約メールでの交通事故の相談予約交通事故の相談の流れ

 事前にお電話またはメールにて相談日のご予約をお願い致します。


 ※スケジュールの関係上、お電話・メールでのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。


●HOME ●弁護士紹介 ●事務所紹介 ●アクセス ●弁護士費用

弁護士法人たくみ法律事務所 概要/福岡県福岡市中央区渡辺通3丁目6番15号 NOF天神南ビル10階 フリーダイヤル:0120-043-211 ご予約受付時間
平日 9:00~19:00

アクセスはこちら

事務所所在地

外観

〒810-0004
福岡県福岡市中央区渡辺通3丁目
6-15号 NMF天神南ビル10階

クリックすると地図が拡大されます

アクセスマップ

代理店サポート 公式facebookページ 公式ブログ 相談票のダウンロード 夜間法律相談受付中 たくみ法律事務所事務所サイト 後遺障害サイト 【公式Google+ページ】交通事故被害者側専門の福岡の弁護士
 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士選びのポイント
解決実績
弁護士費用
メールでのお問合せはこちら
運営:福岡県弁護士会所属(登録番号29660)弁護士 宮田卓弥 Copyright©2014 交通事故 弁護士 福岡 | 弁護士法人たくみ法律事務所 All Rights Reserved.
住所:〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通3丁目6-15 NMF天神南ビル10階 代表番号:092-724-4848