福岡の弁護士による交通事故相談は事故に強いたくみ法律事務所へ
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
【相談者】 男性(30代) / 福岡市在住 / 会社員
【傷病名】 頚椎捻挫・頸椎椎間板ヘルニア・右腕神経叢損傷・神経障害性疼痛等
【相談されたいこと】 後遺障害の等級について・休業補償について

現在の状況

弁護士向井・弁護士野中

 福岡市在住の私は、大通りの自転車に乗って走行し、信号のないT字路に差し掛かったところ、右側の脇道から出てきた車に衝突されるという交通事故に遭いました。

 病院では頚椎捻挫・腰椎捻挫・右肩関節捻挫・右肘関節捻挫・右手関節部打撲・頸椎椎間板ヘルニア・右腕神経叢損傷・神経障害性疼痛と診断されました。

 事故から約8か月間治療を続け、その後、頚部の可動域制限と脊髄圧迫による右手のしびれ等に関して後遺障害併合第11級の認定を受けました。

相談内容

 後遺障害の認定を受けましたが、今でも痛みが残っていて辛いため、認定結果が妥当なのかわかりません。

 また、相手方から示談額を提示されていますが、仕事を休んだ分の補償がないため、賠償金額が適切なのかどうか見てほしいです。

 適切な賠償金額を受け取ることが出来るよう、お力添えいただきたいです。

 何卒よろしくお願いいたします。

2021/04/20掲載

むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用