福岡の弁護士による交通事故相談は事故に強いたくみ法律事務所へ
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

九州トップクラスの豊富な解決実績!

外傷性くも膜下出血、右肩関節挫傷、腰椎捻挫

賠償金14万円の提示後、高次脳機能障害が認定され3,640万円が補償された事例

賠償金14万円の提示後、高次脳機能障害が認定され3,640万円が補償された事例

外傷性頸部症候群、腰椎捻挫、両肩関節捻挫、背部挫傷、頭部打撲

後遺障害等級認定サポートで併合14級が認定され、受任後半年でスピード解決した事例

後遺障害等級認定サポートで併合14級が認定され、受任後半年でスピード解決した事例

左肩関節捻挫、右手関節捻挫等

他事務所が妥当と判断した非該当結果を異議申立てし、併合14級を獲得した事案

他事務所が妥当と判断した非該当結果を異議申立てし、併合14級を獲得した事案

外傷性くも膜下出血、右肩関節挫傷、腰椎捻挫

賠償金14万円の提示後、高次脳機能障害が認定され3,640万円が補償された事例

賠償金14万円の提示後、高次脳機能障害が認定され3,640万円が補償された事例

外傷性くも膜下出血、脳挫傷、びまん性軸索損傷等

高次脳機能障害で1級認定の被害者が裁判により1億6,000万円の補償を受けた事案

高次脳機能障害で1級認定の被害者が裁判により1億6,000万円の補償を受けた事案

急性硬膜下血腫、外傷性くも膜下出血及び脳挫傷、高次脳機能障害等

高次脳機能障害で将来介護費等が認められ1億4,000万円の補償を受けた事案

高次脳機能障害で将来介護費等が認められ1億4,000万円の補償を受けた事案

額に3センチメートルの線状痕(12級14号・線状に傷跡が残っている状態)と頚部痛(14級9号)の後遺障害

顔面醜状痕の後遺障害につき紛争処理センターの裁定にて解決した事案

顔面醜状痕の後遺障害につき紛争処理センターの裁定にて解決した事案

前額部裂創、肺挫傷、外傷性気胸撲

子供の醜状痕について裁判せずに逸失利益が認められ適正な補償を受けた事例

子供の醜状痕について裁判せずに逸失利益が認められ適正な補償を受けた事例

線状痕

30代の男性会社員が、男性の顔面醜状痕で逸失利益131万円の補償を受けた事案

30代の男性会社員が、男性の顔面醜状痕で逸失利益131万円の補償を受けた事案

外傷性頸部症候群、腰椎捻挫、両肩関節捻挫、背部挫傷、頭部打撲

後遺障害等級認定サポートで併合14級が認定され、受任後半年でスピード解決した事例

後遺障害等級認定サポートで併合14級が認定され、受任後半年でスピード解決した事例

左肩関節捻挫、右手関節捻挫等

他事務所が妥当と判断した非該当結果を異議申立てし、併合14級を獲得した事案

他事務所が妥当と判断した非該当結果を異議申立てし、併合14級を獲得した事案

頚椎捻挫等

非該当認定の異議申立てが認められ250万円の補償を受けた事案

非該当認定の異議申立てが認められ250万円の補償を受けた事案

右鎖骨骨幹部骨折、右鎖骨変形治癒骨折、右肩関節拘縮等

ひき逃げ事故の被害者が、裁判せずに人身傷害保険金を提示より大幅増額した事案

ひき逃げ事故の被害者が、裁判せずに人身傷害保険金を提示より大幅増額した事案

鎖骨骨折、腰椎椎体骨折、頸椎横突起骨折

肩関節の可動域制限の後遺障害により、1,200万円の補償を受けた事案

肩関節の可動域制限の後遺障害により、1,200万円の補償を受けた事案

右肩鎖関節脱臼、左橈骨遠位端骨折、左尺骨茎状突起骨折

肩関節可動域制限・鎖骨の変形の後遺障害により、2,394万円の補償を受けた事案

肩関節可動域制限・鎖骨の変形の後遺障害により、2,394万円の補償を受けた事案

胸椎圧迫骨折

後遺障害非該当から異議申立を行い脊柱変形傷障害で11級に認定を覆した事案

後遺障害非該当から異議申立を行い脊柱変形傷障害で11級に認定を覆した事案

胸椎・腰椎圧迫骨折、左手関節挫傷等

初診時の医師診断を覆して脊椎変形で後遺障害の認定を受け、示談交渉で労働能力喪失率38%が認められた事例

初診時の医師診断を覆して脊椎変形で後遺障害の認定を受け、示談交渉で労働能力喪失率38%が認められた事例

第12胸椎圧迫骨折等

脊柱障害8級(既存障害11級)で、主夫と認められ約720万円獲得した事案

脊柱障害8級(既存障害11級)で、主夫と認められ約720万円獲得した事案

第6頚椎骨折、右中指中手骨骨折、右尺骨茎状突起骨折、胸骨柄骨折、肺挫傷、血気胸

示談交渉で裁判した場合と同額以上の1,140万円が補償された事例

示談交渉で裁判した場合と同額以上の1,140万円が補償された事例

三角線維軟骨複合体損傷(TFCC損傷)

家事への支障を十分に主張し、交渉で裁判基準以上の慰謝料が認められた事例

家事への支障を十分に主張し、交渉で裁判基準以上の慰謝料が認められた事例

頚椎捻挫、腰椎捻挫、右橈骨遠位端骨折等

過失割合を5割から1割に減らし裁判せずに295万円の補償を受けた事例

過失割合を5割から1割に減らし裁判せずに295万円の補償を受けた事例

頚椎捻挫・腰椎捻挫・右膝靭帯損傷等

母子家庭兼業主婦が労働能力喪失期間7年、後遺障害慰謝料120万円の補償を受けた事案

母子家庭兼業主婦が労働能力喪失期間7年、後遺障害慰謝料120万円の補償を受けた事案

腰椎捻挫等

50代男性が主夫として休業損害・逸失利益の補償を受けた事例

50代男性が主夫として休業損害・逸失利益の補償を受けた事例

頚椎捻挫・腰椎椎間板ヘルニア

30代の兼業主婦が、215万円の補償を受けた事案

30代の兼業主婦が、215万円の補償を受けた事案

頚椎捻挫、胸部打撲傷、腰椎捻挫、左鎖骨・左肩打撲、頚椎椎間板ヘルニア、左外傷性肩関節症等

他の弁護士に断られた案件で交渉・結果共に非常に満足していただけた事案

他の弁護士に断られた案件で交渉・結果共に非常に満足していただけた事案

骨盤骨折に伴う股関節の機能障害

骨盤骨折に伴う股関節の機能障害で、提示額より1,000万円増加できた事案

骨盤骨折に伴う股関節の機能障害で、提示額より1,000万円増加できた事案

右股関節中心性脱臼骨折、右鎖骨骨折

右股関節の可動域制限の後遺障害等で早期に裁判基準の賠償金が認められた事案

右股関節の可動域制限の後遺障害等で早期に裁判基準の賠償金が認められた事案

右膝内側半月板損傷,右膝前十時靱帯損傷等

酒気帯び運転による交通事故の被害者の慰謝料増額が認められた事例

酒気帯び運転による交通事故の被害者の慰謝料増額が認められた事例

右膝後十字靭帯損傷

膝後十字靭帯損傷による膝の動揺性で、慰謝料を1,300万円(約700万円増加)獲得した事案

膝後十字靭帯損傷による膝の動揺性で、慰謝料を1,300万円(約700万円増加)獲得した事案

頚椎捻挫、腰椎捻挫、膝内側半月板損傷等

膝内側半月板損傷で約933万円の補償を受けた事案

膝内側半月板損傷で約933万円の補償を受けた事案

左大腿骨頸部骨折

後遺障害等級認定サポートで8級が認定され、裁判せず1,185万円の補償を受けた事例

後遺障害等級認定サポートで8級が認定され、裁判せず1,185万円の補償を受けた事例

左大腿骨頚部骨折等

男性が主夫として認められ、裁判せず提示額より約800万円増で解決した事例

男性が主夫として認められ、裁判せず提示額より約800万円増で解決した事例

顔面打撲傷、右頬部瘢痕

裁判をせずに病院への付添費や将来介護費が認められ512万円が賠償された事例

裁判をせずに病院への付添費や将来介護費が認められ512万円が賠償された事例

等級から選ぶ