西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

右足関節の機能障害で後遺障害12級7号を獲得し、938万円が補償された事例

【相談者】 40代女性 / 福岡市在住 / 兼業主婦
【傷病名】 右足関節捻挫、右脛骨後果骨折
【活動のポイント】 後遺障害等級認定サポート・示談交渉
【後遺障害等級】 12級7号
【サポート結果】 後遺障害等級認定・適切な賠償額の獲得

主な項目 金額
傷害慰謝料 110万円
後遺障害慰謝料 261万円
逸失利益 745万円
休業損害 95万円
最終支払額 938万円(治療費除く・過失相殺後)

後遺障害12級の解決実績一覧

相談・依頼のきっかけ

 福岡市在住の40代の女性が自転車に乗ってコンビニの駐車場内を移動中に、駐車区画から車が出ていくように見えたので、車の後ろ側を走行していたところ突然車がバックしてきて衝突するという事故に遭いました。

 この事故により、被害者の女性は、右足関節捻挫、右脛骨後果骨折の怪我を負いました。

 事故後半年間治療を継続したものの痛みが残存するため、後遺障害の認定手続きをお願いしたい今後の相手方保険会社との対応を相談したいということでご来所いただきました。

 弁護士費用特約が付いていなかったため弁護士費用について心配されていましたが、詳細に説明し、ご納得いただいた上でご相談当日にご依頼いただくことになりました。

当事務所の活動

 ご依頼時にはすでに治療が終了していたため、早期解決に向けて早速相手方より診断書等の資料の収集をはじめました

 これまでの治療の経過等について確認した上で、後遺障害の認定手続きに必要な書類を揃え、すぐに後遺障害の申請を行いました。

当事務所が関与した結果

 後遺障害申請の結果、右脛骨後果骨折後の右足関節の機能障害について、その可動域が健側(左足関節)の可動域角度の4分の3以下に制限されていることから、「1下肢の3大関節中の1関節に機能障害を残すもの」として、12級7号に認定されました。

 後遺障害の認定結果を受け、示談交渉にうつりました。

 示談交渉において、自転車等の物損の解決時には、相手方保険会社は過失を主張していなかったのですが、今回の請求に対しては過失を大きく主張してきました。

 過失を除いてはこちらのほぼ請求どおりの金額を認める内容だったため、今回の争点は過失割合となりました。

 こちらでも事故状況を詳細に把握するため、警察・検察庁が作成している事故に関する記録を取り寄せました。

 それをもとに相手方保険会社と交渉を続け、過失の程度を最低限に留めることができ、最終的には治療費を除いて、938万円が補償されることで解決となりました。

弁護士の所感(解決のポイント)

 当初、ご本人から伺っていた事故態様からすると確かに被害者の過失0という事故でした。

 しかし、相手方からの過失主張を受け刑事記録確認したところ、かなりの過失が認められうるものだったのです。

 過失論において少々後手に回った感はありますが、刑事記録の精査によって、最終的には相手方主張の過失を大きく削ることができたのでよかったです。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用