悪質な自動車事故「厳罰化」法案が成立へ 「病気」に関する条項は必要か? | 交通事故|福岡で弁護士に相談をするならたくみ法律事務所へ

福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。相談が寄せられた件数年間771件

福岡の交通事故被害者相談|弁護士法人たくみ法律事務所

料金新規予約専用フリーダイヤル:0120-043-211

  • HOME
  • 事務所コラム
  • 悪質な自動車事故「厳罰化」法案が成立へ 「病気」に関する条項は必要か?

悪質な自動車事故「厳罰化」法案が成立へ「病気」に関する条項は必要か?

 当事務所の代表弁護士宮田が、交通事故に関する法改正について、取材を受け、ヤフーニュースに配信されました。


 『 悪質な自動車事故「厳罰化」法案が成立へ 「病気」に関する条項は必要か? 』
※本記事はヤフーニュースの掲載期間が終了しましたので、当ページでご紹介します。


悪質な自動車事故「厳罰化」法案が成立へ
「病気」に関する条項は必要か?

 悪質な自動車運転によって死傷事故を起こした場合の罰則を強化する法案が11月5日、衆議院本会議で全会一致で可決された。今月中旬にも参院で可決、成立する見通しだ。その柱の一つとされるのが、飲酒などの影響により死傷事故を起こしたときに、従来よりも重い刑罰が科されるようになった点だ。


 通常の自動車事故の場合は懲役7年以下という罰則だ。しかし、飲酒や薬物使用、特定の病気の影響により「正常な運転に支障が生じる恐れがある状態」で事故を起こした場合、死亡事故は懲役15年以下、負傷事故は懲役12年以下と「厳罰化」されるようになる。


 ただ、飲酒や薬物使用による死傷事故の厳罰化はともかく、「特定の病気」も含めることには反対意見もある。具体的な病名は政令で定めることになるが、てんかんや統合失調症などが想定されているという。これに対して、日本てんかん学会や日本精神神経学会などは、病気に関する条項を削除するよう求める要望書を提出しているのだ。


 なぜ、今回の法案に病気に関する条項が含まれることになったのか。また、そこにはどのような問題があるのか。重大な交通事故案件を多く扱う宮田卓弥弁護士に聞いた。


今回の法案の背景

 今回の法案に病気に関する条項が含まれることになった直接の背景には、平成23年に栃木県鹿沼市で発生した、てんかん発作をおこしたクレーン車の加害者(運転手)による6名の児童の死亡事故と考えられます。


 同事故での、クレーン車を運転していた加害者はてんかんの持病があり、事故当時、有罪判決を受け事故執行猶予中でした。加害者は運転免許の取得、更新の際に持病を申告せず、薬の服用を怠っていたため、危険運転致死罪(最高刑・懲役20年)の適用が検討されました。しかし、同罪の処罰対象である故意による無謀運転であるのかがが問題となり、結局、同罪の適用は見送られ、自動車運転過失致傷罪(最高刑・懲役7年)で処罰されました。


 この結果に対し、遺族らはあまりにも軽すぎる刑であると指摘し、法改正を求めていました。


 今回の法案では、「病気の影響」で正常な運転が困難になったケースなどを、新たに新設した自動車運転死傷行為処罰法で問えるようにし、最高刑を懲役15年としています。対象となる病気はてんかん、統合失調症などが想定され、今後政令で定めるとしていまいます。


 交通事故被害者やご遺族にとっては、無責任な運転者による重大事故であっても、刑法での危険運転致死傷罪(最高刑・懲役20年)では、鹿沼市の事故のように、適用の条件をみたすのが難しく、厳罰にできないとされていました。ですが、今回の法案では、鹿沼市の事故でも適用され、同法案で処罰できるといえます。


 その意味では、今回の法案は、刑罰に被害者の意向を重視しようとする最近の傾向に沿った形といえます。


特定の「病気の影響」を盛り込むことの問題点

 しかし、運転に支障を及ぼす可能性のある病気はてんかんだけに限らず、てんかんという特定の病名を取り上げて処罰の対象とするのは、差別の助長化を招くという懸念があります。


 しかしながら、新しい法案は、特定の病気を理由にのみ処罰するのではありません。たとえば、てんかんの持病を申告をせずに運転免許を取得し、服薬を怠って運転し、てんかんが発症して運転が困難になった結果、人を死傷させた場合に、新しい法案の処罰対象になると考えられます。


 ただ、新しい法案では特定の病気だけを理由に処罰されるという誤解が国民の間で生じてしまうことは、かえって特定の病気の差別を助長してしまう結果を招くというのが真の問題点ではないかと私は考えます。


 ですので、新しい法案が、特定の病気のみを理由として処罰するのではないという周知が必要であり、私の一文がそのきっかけになることを望みます。


【取材協力弁護士】

宮田 卓弥(みやた・たくひろ)弁護士

福岡県弁護士会所属(平成14年弁護士登録)

福岡を中心に九州の被害者の交通事故事件を多数扱う。特に、事故直後から後遺障害の賠償に力を入れている。

事務所名:弁護士法人たくみ法律事務所


他のコラムもぜひお読み下さい!

 当事務所では、新しい情報などを取り入れ日々成長するため、事務所内外問わず様々な研修に参加しています。

 その一部について紹介させていただいているコラムです。


たくみの研鑽~日々の研修を通じて~一覧

No タイトル
7 交通事故において担当医の意見を重視すべき理由
6 事務所研修
5 弁護士8人体制における交通事故案件の情報共有の取り組み(文責:桑原淳)
4 福岡の整形外科医師と弁護士との交通事故の勉強会(文責:宮田卓弥)
3 交通事故研修報告②
2 交通事故研修報告①
1 研修を経て~当事務所修習生の感想~

 保険に関して、法改正等による変化が日々行われています。

 このような法改正について、当事務所の弁護士が解説を行い、その内容について意見させていただいているコラムです。

 保険について詳しく知っておくと、いざという時非常に役に立ちますので、是非、御覧ください。


保険実務の変化と対策一覧

No タイトル
8 自賠責保険料率引き下げへ(文責:壹岐晋大)
7 改正保険業法施行と保険手数料の開示(文責:壹岐晋大)
6 改正保険業法施行迫る(文責:壹岐晋大)
5 保険募集人(保険代理店)の新たな義務について(文責:壹岐晋大)
4 自転車保険の加入義務化(文責:壹岐晋大)
3 保険業法改正~保険代理店の体制整備
2 保険金は自動的には支払われない?(文責:壹岐晋大)
1 保険料の値上げと任意保険加入率

 交通事故に関する法律改正、裁判所の判断に関する解説と、それに対する当事務所弁護士の意見を述べさせていただいているコラムです。


最新交通事故実務の紹介と解説一覧

No タイトル
18 進化する車輌の安全装置と交通事故(文責:桑原淳)
17 自動運転で事故。責任はない?(文責:壹岐晋大)
16 平成28年3月1日最高裁判例について
15 自転車同士の交通事故と過失相殺(文責:神田昂一)
14 死亡慰謝料の基準の改定
13 むちうち症に関する傷害慰謝料の改定
12 「歩きスマホ」と過失相殺(文責:壹岐晋大)
11 自転車のルールが変わります(文責:壹岐晋大)
10 後部座席のシートベルト未装着で過失割合増加~具体的事例
9 福岡の後部座席シートベルト着用率~未装着の場合の事故での影響
8 センターラインオーバーのもらい事故でも過失はある?(文責:壹岐晋大)
7 将来交通事故で自由診療が認められなくなるの?(文責:向井智絵)
6 福岡県で最も事故の多い交差点は?(文責:壹岐晋大)
5 自動車運転死傷行為処罰法の施行
4 中間利息控除についての見直し(文責:壹岐晋大)
3 交通事故による高齢者の死者数増加~12年ぶり
2 悪質な自動車事故「厳罰化」法案が成立へ 「病気」に関する条項は必要か?
1 自転車事故の高額賠償判決~交通事故被害者を救済する弁護士からの視点

 当事務所の弁護士が交通事故に関する医療の講演に参加させていただいた際の、講演内容に関するコラムです。

 非常にためになる内容でしたので、みなさまも是非一読ください。


交通事故に関する講演への参加一覧

No タイトル
5 交通事故による後遺障害認定のための「画像鑑定セミナー」に参加しました(文責:澤戸博樹)
4 「肩関節・手関節の後遺障害」について事例発表をしました。(文責:壹岐晋大)
3 福岡の整形外科医師に対する交通事故の講演(文責:宮田卓弥)
2 高次脳機能障害の講演に参加しました
1 人身傷害保険の使い方~弁護士の福岡での講演を踏まえて

 保険に関する情報を提供させていただいているコラムです。

 交通事故の際、どのような保険がどのように役に立つのか、非常に役に立つものになっていますのでぜひ御覧ください。


知っておきたい保険の話一覧

No タイトル
8 任意保険料値上げの流れになっています(文責:桑原淳)
7 地震で自動車が故障した!自動車保険は使える?(文責:壹岐晋大)
6 自転車保険選びの注意点(文責:壹岐晋大)
5 人身傷害保険も増額できる場合があります!(文責:向井智絵)
4 無保険車傷害保険とは?(文責:壹岐晋大)
3 バス・タクシーとの事故と示談交渉(文責:櫻井正弘)
2 加害者が任意保険に入っていない場合に取りうる手段(文責:壹岐晋大)
1 弁護士費用特約の補償範囲を知らずに損をしていませんか?

 交通事故適正な補償を受けられるには、様々な知識が必要になります。

 そのような知識について、当事務所の弁護士が分かりやすく解説したコラムになります。

 ぜひ一度読んでみてください。


知らないと損をする交通事故事件の知識一覧

No タイトル
16 非接触事故と問題点(文責:櫻井正弘)
15 交弁護士に依頼した場合の費用を相手に請求できる?(文責:桑原淳)
14 交通事故の示談交渉に弁護士が介入するメリット(文責:澤戸博樹)
13 停車中にぶつけられても過失がある?(文責:向井智絵)
12 仕事を休んだのに休業損害を払ってもらえない?|その②(文責:向井智絵)
11 仕事を休んだのに休業損害を払ってもらえない?|その①(文責:向井智絵)
10 事故で退職した場合の退職差額金(文責:桑原淳)
9 一般的な健常人の関節可動域その②
8 後遺障害にあたらない後遺症(文責:桑原淳)
7 一般的な健常人の関節可動域その①
6 交通事故の過失の決め方と自己防衛手段
5 労働能力喪失率について(文責:桑原淳)
4 骨折についての用語解説
3 交通事故の仮払い仮処分制度について(文責:桑原淳)
2 交通事故略語集(文責:桑原淳)
1 重度後遺障害者への援護(文責:桑原淳)

 依頼者が適正な賠償を受けるために、当事務所の弁護士が様々な活動をしたことをコラムにしたものです。

 当事務所にご依頼いただいた際に、どのようにサポートを受けられるのかを、ご確認ください。


たくみの活動~依頼者のために~一覧

No タイトル
10 事故状況について裁判で当方の主張が認められました(文責:向井智絵)
9 医学知識を得るための整形外科医師との勉強会(文責:櫻井正弘)
8 MSWと弁護士について~会合、懇親会に出席して(文責:櫻井正弘)
7 飲酒運転は必ず過失に影響するのか(文責:壹岐晋大)
6 医師面談に行きました(文責:壹岐晋大)
5 交通事故被害者の通院に同行しました
4 医師面談(文責:桑原淳)
3 4回目の後遺障害の申請で後遺障害等級が認定されました(文責:桑原淳)
2 脳外科医の先生に報告に行きました(文責:壹岐晋大)
1 福岡の弁護士と裁判官の交通事故事案についての協議

 当事務所の弁護士が交通事故の被害者の方々に向けた思いを綴らせていただいているコラムです。

 一度ご覧になって、当事務所の弁護士の思いに触れてみてください。


たくみからのメッセージ一覧

No タイトル
9 自動運転がもたらす交通事故への影響(文責:山口真彦)
8 夜間走行時はハイビームが原則です(文責:壹岐晋大)
7 ゾーン30という取り組みと交通事故(文責:櫻井正弘)
6 逸失利益算定実務への問題提起(文責:櫻井正弘)
5 治療費の打ち切りを言われたら早期対応を!(文責:向井智絵)
4 重大事故における専門の弁護士に依頼する重要性(文責:宮田卓弥)
3 重度の後遺障害・死亡事故のご相談の増加
2 多くの相談の中で
1 コラム執筆にあたって

たくみのこだわりはこちら


当事務所のご紹介

動画でわかるたくみのこだわり


お問い合わせはこちら

交通事故の無料相談のご予約メールでの交通事故の相談予約交通事故の相談の流れ

 事前にお電話またはメールにて相談日のご予約をお願い致します。


 ※スケジュールの関係上、お電話・メールでのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。


●HOME ●弁護士紹介 ●事務所紹介 ●アクセス ●弁護士費用

弁護士法人たくみ法律事務所 概要/福岡県福岡市中央区渡辺通3丁目6番15号 NOF天神南ビル10階 フリーダイヤル:0120-043-211 ご予約受付時間
平日 9:00~19:00

アクセスはこちら

事務所所在地

外観

〒810-0004
福岡県福岡市中央区渡辺通3丁目
6-15号 NMF天神南ビル10階

クリックすると地図が拡大されます

アクセスマップ

代理店サポート 公式facebookページ 公式ブログ 相談票のダウンロード 夜間法律相談受付中 たくみ法律事務所事務所サイト 後遺障害サイト 【公式Google+ページ】交通事故被害者側専門の福岡の弁護士
 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

解決実績
相談の流れ
メールでのお問合せはこちら
運営:福岡県弁護士会所属(登録番号29660)弁護士 宮田卓弥 Copyright©2014 交通事故 弁護士 福岡 | 弁護士法人たくみ法律事務所 All Rights Reserved.
住所:〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通3丁目6-15 NMF天神南ビル10階 代表番号:092-724-4848