西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

死亡事故と弁護士

弁護士宮田卓弥

 不幸にして交通事故により大切なご家族を亡くされたばかりのご遺族にとって、その悲しみの中で警察や加害者側の保険会社との事務的な手続きや対応は、精神的負担が大きく、多くの方が苦慮されています。

 そこで、事故後早期の段階で弁護士にご相談されると、このような精神的負担を軽減することができます。また、このような場合のみならず、加害者に適切な処罰や賠償を求めたい方なども、加害者の刑事裁判や保険会社と示談をする前に、一度弁護士にご相談ください。

 数々の死亡事故のご相談をお受けしてきて当事務所が実感した、ご遺族が事故後早期に弁護士にご依頼いただく事により得られるメリットは以下の点です。

1.死亡事故と刑事責任

 死亡事故の場合、加害者には当然刑事責任の問題が発生します。弁護士は、刑事事件に精通していますので、加害者への処罰がどのようになるかということを含めて、今後の手続・対応方法についてアドバイスをすることが可能です。

 また、被害者参加人として、刑事裁判において、加害者に対して直接問いただしたり、処罰の意見を述べることも可能です。特に警察が捜査の秘密ということで、ご遺族に情報を余り公開してくれない場合や、不誠実な加害者にもどかしい思いをされているご遺族にとって、事故後早期のご相談は、加害者の処分についてご遺族の意思を反映しやすいというメリットがあります。

2.賠償金の増額

 死亡事故による賠償金は数千万円以上、場合によっては一億円以上と高額になります。この場合、生前の生活状況に関する資料をそろえ、相手方(保険会社)に提出することにより、賠償金を増額できる場合が多いです。

 また、弁護士に相談することにより、死亡事故の場合にどのような項目について賠償金の増額が可能であるかがわかります。特に、ご遺族に対する加害者本人・保険会社の対応が不誠実な場合に、慰謝料等の賠償額に如実に反映させることが可能です。

 また、死亡事故の場合、一定の範囲のご遺族には慰謝料が別途支払われることがあります。

死亡事故の場合の注意点

 死亡事故の場合には、突然の出来事でご遺族が憔悴されている事が多く、相手方保険会社の言われるままに手続きを進行させた結果、適切な賠償金を得られない方が多いです。実際、弁護士が介入した結果、保険会社の提示額より、数千万円の増額を可能にしたケースが多々あります。

 また、事故後すぐに弁護士に依頼することにより全ての手続きを弁護士が代理でできるようになり、保険会社との面倒なやりとりをする必要がないのでご遺族の負担も軽くなります。

 以上の点から、死亡事故の場合は事故後早期の段階で弁護士にご相談された方がよいでしょう。

死亡事故のご遺族の方へ

死亡事故の解決実績

 当事務所では、これまでに死亡事故の案件を多数解決してきました。内容や実績につきまして、詳しくはこちらをご覧ください。

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら