西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 相談実績>
  • 痛みを残した状態で治療終了していいか分からず、その後の後遺障害申請などについて相談したいという事例

保険会社から治療の打切りを言われ、後遺障害申請と示談交渉を相談された事例

事故状況・傷害の内容

 福岡市東区在住の私は、バイクにて直進中、反対車線よりUターンしてきた車にはねられるという交通事故に遭いました。

 事故直後は病院には行かなかったのですが、数日経っても痛みがなくならなかった為、近くの病院へ受診しました。

 外傷性頚部症候、背部痛、外傷後椎間板性腰痛症、両肩挫傷と診断され、その後も痛みが残っていた為内服薬の投与とリハビリを行うこととなりました。

相談内容

 交通事故に遭ってから8ヵ月が経過しました。

 相手方保険会社から治療打ち切りを言われ、症状固定をしてもらい後遺障害等級の申請を行ってくださいと言われました。

 治療の打ち切りを言われたのですが、腰の痛みに関してブロック注射を試したのですが、あまり効果が見られず、くしゃみや咳き込んだ時に毎回刺すような痛みが走ったりします。

 痛みを残した状態で、このまま治療終了してよいのかも分かりません

 また、治療を終了し症状固定したとしても、後遺障害等級の申請についての流れも分からないので、後遺障害等級の申請と、その後の示談交渉について交通事故の専門知識のある弁護士にご相談にのって頂けたらと思いご連絡させて頂きました。

 インターネットで「交通事故・弁護士・専門」と検索したところ、こちらのホームページが出てきて拝見させて頂き、良さそうな感じがしたのでこちらに相談してみようと思いました。よろしくお願い致します。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら