西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 相談実績>
  • 痛みがあるのに治療費の打ち切りを言われ、不安に感じ今後のことを相談したいという事例

痛みがあるのに治療費の打ち切りを言われ、不安に感じ今後のことを相談したいという事例

事故状況・傷害の内容

 私は、福岡県北九州市に住んでいます。北九州市の道路を車で走行中に、横断歩道に差し掛かったため、歩行者が横断歩道を通り過ぎるのを停車して待っていました。

 すると、後続の車から追突されるという交通事故に遭いました。

 私はその日のうちに病院を受診し、頚椎捻挫・腰椎捻挫・左前腕部打撲傷と診断されました。

相談内容

 事故後から、首や腰、左上肢の痛み・脱力・痺れ感に悩まされ、時には嘔気をもよおすこともありました。

 仕事はPCを使う業務が多く、長時間同じ体勢をとりながら手指を細かく動かす作業が続くので、主に左上肢の痛み・脱力・痺れ感がとても辛かったです。

 家事においては、棚の上の方にある物を持ったり、掃除をしたりしていると、痺れが増してきて辛くて途中でやめてしまいます。

 調理中でも、フライパンを持ち上げることができず、手に力が入らない影響で一つ一つの作業が遅くなり、一通り終わるまでに今までよりも時間がかかるようになりました。

 事故から半年を経過し、保険会社より治療費の打ち切りを言われました。

 今でも痺れ・痛み、脱力感等の影響で、仕事や家事がとても辛く、今後ずっとこのような症状に悩まされるのかと思うと、とても不安でたまりません。

 交通事故に強い弁護士の先生に、今後の事を相談に乗っていただきたいと思っています。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら