西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 相談実績>
  • 事故の過失割合に納得ができず、交通事故に強い弁護士に依頼したいという事例

事故の過失割合に納得ができず、交通事故に強い弁護士に依頼したいという事例

事故状況・傷害の内容

 福岡市東区在住の私は、優先道路をオートバイにて走行中に脇道から出てきた車と衝突するという交通事故に遭いました。

 事故後、救急搬送され、頚部挫傷、胸部打撲傷、右母指捻挫という診断を受けました。

 その際は、鎮痛剤処方を受け経過観察となり、現在は事故から3ヵ月程になりますが、整形外科にてリハビリを続けているところです。

 いまだかなり痛みがあります。特に指の痛みが強く、日常生活においても支障が出ています。

相談内容

 保険会社から治療費打ち切りなどの話はまだ出ていませんが、今後もこのまま痛みが残るのか不安に感じています。

 また、事故の過失割合、物損の賠償額に納得がいきません。

 実況見分調書は私が事故後病院へ運ばれている際、私が立ち会っていない所で作られているため、相手の意見が多く反映されている様に見受けられます。

 こちらとしては優先道路を法定速度で走行していたにも関わらず、脇道から出てきた車と衝突しているので相手側の注意不足だとしか思えません。

 事故の時、バイクを起こすのを手伝ってくれた目撃者の連絡先を聞いておけばよかったと後悔しております。

 今後の治療の進め方、事故の過失割合について私の方では納得いく解決が出来そうに無い為、交通事故を重点的に扱っているたくみ法律事務所さんに是非お願いしたいと思っております。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら