西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 相談実績>
  • 相手の保険会社から専門用語で交渉され、対処が難しいため専門の弁護士に相談したいという事例

相手の保険会社とのやりとりが大変に感じ、後遺障害についても専門家に相談したいという事例

事故状況・傷害の内容

 福岡市城南区在住の私は、交差点の信号がある横断歩道を自転車で横断中に、車が衝突してくるという交通事故に遭いました。

 相手は私の左側から突っ込んできてブレーキをかけ、私の方もブレーキをかけハンドルを切って避けようとしましたが避けきれず、車の右側と自転車の左側がぶつかりました。

 この事故により、私は転倒こそしなかったものの、避けようとした際に右足で思い切り踏ん張ったため、右下肢挫傷・腰椎捻挫という怪我を負いました。後遺障害の請求はまだしていません。

相談内容

 事故から5ヵ月通院治療したところで主治医から症状固定と言われ、相手方から治療を打ち切られましたが、まだ痛みがあるので自費で通院を続けています。

 症状固定前はほぼ毎日通っていましたが、打ち切りのため通院をやめてからは、腿とふくらはぎのしびれも出てきました。

 相手方からは専門用語で交渉され、事故に遭うのが初めてでどう対処したらいいのか分からないので、交渉をお任せしたいと思います。

 また、自費で通院している分を慰謝料に上乗せで請求できるのであればしたく、このような事故状況の場合いくら位の賠償が適正なのかを教えていただきたいです。

 今後、後遺障害の申請をした場合に認定が下りる可能性があるのかもお伺いしたいです。

 交通事故に詳しい弁護士をパソコンで探していた時にこのサイトに辿り着きました。

 どうぞよろしくお願いいたします。

おすすめコンテンツ

弁護士選びのポイントご相談の流れ弁護士費用

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら