西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 相談実績>
  • 医師に後遺障害診断書を書いてもらったがその後の手続きがわからないという事例

医師に後遺障害診断書を書いてもらったがその後の手続きがわからないという事例

事故状況・傷害の内容

 福岡県在住の私は、十字路を自動車で運転中に加害者の運転する自動車から追突される交通事故に遭いました。

 私は、十字路の交差点を左折しようと徐行運転をしていました。

 青信号のため左折しようとしたところ、自転車が横断歩道を渡ろうとこちらへ向かって来ているのが見えました。

 その自転車は横断歩道の信号が赤信号になったのにも関わらず、自転車が信号無視し横断歩道を横断してきました。

 そのため、私は停車をして自転車が横断するのを待っていたところ、後方より自動車が追突してきました。

 私は整形外科医院で、頚椎捻挫、腰椎捻挫、背部痛と診断されました。

相談内容

 私は、半年程整形外科に通院していました。

 月の半分は通院して治療に専念していましたが、先日整形外科で症状固定と診断されました。

 現在でも、背中に痛みがあります。

 保険会社には治療費の支払い等、対応などはしていただいていますが、今後の流れがわからず不安です。

 後遺障害等級申請を行いたいのですが、必要書類や認定結果が出るまでの流れが分かりません

 病院にも後遺障害診断書を書いてもらいましたが、その後どのような手続きをするのか知りたいです。

 そのため、弁護士の先生にお伺いしたいと思い福岡の弁護士で、被害者満足の高い事務所を探していたところたくみ法律事務所のHPを見つけましたので相談にきました。

おすすめコンテンツ

弁護士選びのポイントご相談の流れ弁護士費用

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら