西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 相談実績>
  • 痛みがあるのに治療打ち切りを言われ、弁護士費用特約があるので相談された事例

痛みがあるのに治療打ち切りを言われ、弁護士費用特約があるので相談された事例

事故状況・傷害の内容

 福岡県久留米市在住の私は、優先道路を車で走行中、信号がない交差点にさしかかったところ、右側から入ってきた車に衝突されました。

 車が横転して助手席側が下になった状態のまま、標識にぶつかりようやく止まりました。

 病院では、「頚椎捻挫、右側頭部裂傷、右肩打撲、右腹部打撲、左大腿部打撲」と診断されております。

 現在も痛みは続いておりますが、病院から治療打ち切りの話が出ました。

相談内容

 事故にあってから治療を始めてもうすぐ3ヵ月経ちます。

 痛みは変わらないまま、右手の痺れが強くなったようにさえ感じていたところ、病院から「交通事故の治療は大体3ヵ月位なので、治療は今月いっぱいです」と言われました。

 保険会社・相手側がいることなので、とのことですが、被害者の治療期間が決まっているのかなと疑問を持ちました。

 友人に相談したところ、「病院がそのようなことを言ってくるのはおかしいのではないか。弁特(弁護士特約)があるなら弁護士に相談してはどうか」とのアドバイスを受け、思い切って相談してみようと考えました。

 スマートフォンで交通事故に詳しい弁護士を検索したところ、貴事務所を知りました。

 自分では何も分らず、どうしてよいか途方にくれております。

 専門の方に相談にのって頂けますと有り難いです。

 何卒、宜しくお願い致します。

おすすめコンテンツ

弁護士選びのポイントご相談の流れ弁護士費用

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら