西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 相談実績>
  • 今後の方針について、治療継続か打ち切りか、最善策の判断をお願いしたいという事例

今後の方針について、治療継続か打ち切りか、最善策の判断をお願いしたいという事例

事故状況・傷害の内容

 佐賀県鳥栖市在住の私は車で走行中に交差点内で、ウインカーを出して右折しようと停止していたところ、後続車に衝突をされるという交通事故に遭いました。

 病院では、「頚椎捻挫、外傷性頚部症候群」と診断されており、普段生活している中で、同じ姿勢を続けるのが辛いです。

 寝違えているような状態が続き、2日に1回は整形外科や整骨院に通い、治療をする日々です。

 自覚症状としては他に、肩甲骨辺りのこわりや長時間のデスクワークのため下を向いた姿勢でいると張ったような痛みがあります。

 そのため、事故前に比べて仕事や日常生活に支障が出るようになりました。

相談内容

 事故から半年が経ちましたが、現在も治療のため整形外科や整骨院に通院しています。

 症状は改善されず、治療を続けたいのですが、保険会社からそろそろ治療打ち切りとの話をされ、どのように交渉したらいいのか分かりませんでした

 そこで、今後どうしたら良いか、弁護士に相談したいと考えました。

 知人に相談したところ、交通事故の案件に強い弁護士がいるという、たくみ事務所を紹介してもらいました。

 以前知人も交通事故にあった際、お世話になったそうです。

 親身になって話を聞いて下さると伺い、今後どのようにしたら良いかサポートしていただきたいと、相談を決意しました。

 お力になっていただければと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

おすすめコンテンツ

弁護士選びのポイントご相談の流れ弁護士費用

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら