西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 相談実績>
  • 事故後、私生活に支障が出ているが、怪我によるものか判断ができず相談された事例

事故後、私生活に支障が出ているが、怪我によるものか判断ができず相談された事例

事故状況・傷害の内容

 福岡市在住の私は、デイケアサービスの自動車に乗車中、センターラインを越えてこちらの車線に進入してきた対向車と正面衝突するという交通事故に遭ってしまいました。

 病院に緊急搬送され検査を受けた結果、私は、左大腿骨頸部骨折と診断され、当日入院することになりました。

 その後、人工骨頭挿入術という手術を受け、リハビリのため、病院を転院しました。

 症状としては、左側の股関節が痛んだり、怪我をしていない右側と比べて動かしにくくなっています

相談内容

 リハビリのため、転院先の病院で4か月ほど入院しました。

 そこを退院した後から相手の保険会社に費用を負担してもらえなくなりました

 しばらくしてから示談金の案内が届いたのですが、この金額が適正なのかがわかりません。

 また、事故の前までは自分の力で動くことができていたのですが、事故の後からは立つのがやっとで身の回りのことを自分ですることができなくなりました。

 これが年齢によるものなのか、事故の後遺症によるものなのかもわかりません。

 後遺症が残ったときに特別な補償があるのかについても弁護士の先生にお伺いしたいです。

 娘がスマートフォンで探してくれて、貴事務所のことを知りました。

 お力になっていただければと思いますので、何卒、よろしくお願い致します。

おすすめコンテンツ

弁護士選びのポイントご相談の流れ弁護士費用

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら