西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 後遺障害認定サポートや相手とのやりとりや交渉の窓口になってほしいという事例

治療に専念したいため、弁護士に休業損害など補償のことを相談したいという事例

現在の状況

 福岡県直方市在住の私の母は、自転車を押して青信号の横断歩道を渡っている時に、赤信号を無視した車に撥ねられるという交通事故に遭いました。

 当日は、病院へ救急搬送され、そのまま入院となりました。

 「頭部外傷、胸部打撲傷、助骨骨折、腰椎捻挫、恥骨骨折」と診断され、現在は退院しておりますが、現在も整形外科へ通い治療をする日々です。

ご相談内容

 事故から3ヶ月ほど経ちましたが、現在も治療中です。

 母は事故後、手足のしびれを訴えており、病院で診てもらうと、頭に出血があることが分かりました

 病院を転院することとなりましたが、治療状況によっては手術も必要になるかもしれないとお医者さんに言われました。

 相手の保険会社からは特に連絡が来ることがなかったため、今後の手続き等どのように進めて良いか分かりませんでした。

 母はそれ以外にも、肩が上がらなくなっていたり、杖を使わないと歩行も困難となっていたり、体の不調が続いているので、体調や容態がとても心配でした。

 しばらく続くであろう治療に関して、また、今後後遺障害申請をするにあたっても、相手方の保険会社に任せて良いのか分からないことが多く、不安になっていました。

 そこで、交通事故の被害に遭った際、他の方々はどのようにしているのかインターネットで調べてみたところ、弁護士の先生に依頼し、後遺障害の申請のサポートや、相手方との交渉をお願いして、適正な賠償額を獲得することをお勧めしている記事を読みました。

 確かに、私だけでは分からないことも多いため、思い切って弁護士の先生に依頼した方が良いと考えるようになりました。

 弁護士の先生に依頼するにあたって、福岡で良い弁護士の先生がいないか引き続きインターネットで探してみたところ、たくみ法律事務所のHPに辿り着きました。

 たくみ法律事務所は交通事故の被害者専門という点で安心できました。

 弁護士の先生方の知識も豊富なようで、様々な事例の解決実績が掲載されていたので、母の件でもきっと適切に対応してくださると期待できました。

 私だけでは分からないことだらけで、何もできず申し訳ないのですが、ぜひお力になっていただければと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

後遺症への補償と取り組み

関連ページ

高次脳機能障害を弁護士に相談

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用