西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 相談実績>
  • 加害者の保険会社から言われた過失割合が適正か判断できず、弁護士に全て任せたいと相談された事例

加害者の保険会社から言われた過失割合が適正か判断できず、弁護士に全て任せたいと相談された事例

【相談者】 30代男性 / 福岡県在住 / 会社員
【傷病名】 頚椎捻挫、右肩打撲傷、右鎖骨骨部打撲傷等
【相談されたいこと】 治療打切りの対応・過失割合

現在の状況

 福岡県在住の私は、原動機付自転車に乗車中、交差点にて左折しようとした車と衝突しました。

 事故後痛みがでたため病院を受診したところ、「右肩打撲傷、右鎖骨骨部打撲傷、頚椎捻挫」等と診断書され、治療のために通院することになりました。

ご相談内容

 事故後、約6ヵ月通院しましたが、相手方保険会社より治療費の支払いを打ち切りたいという連絡がありました。

 しかし、まだ痛みが残っており、治療は継続したいと思っています。

 通院できないのであれば後遺障害の申請を考えていますが、素人の自分では、何をどうすればいいかわからず困っています。

 また、相手方保険会社は、今回の事故は私にも過失があると言っていますが、相手方保険会社の主張する過失割合が本当に正しいのかわかりません

 相手方保険会社からの治療打ち切りや過失について連絡があった際に保険代理店の方に相談したところ、たくみ法律事務所のことを紹介してもらいました。

 私は弁護士費用特約にも加入しているので、弁護士の先生に後遺障害の申請や保険会社への治療の継続交渉、過失割合の交渉など、今後のことを全てお任せしたいと思います。

 よろしくお願いいたします。

むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用