西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

人身傷害保険の利用等により、提示額から約700万円増額した事案

1.事故発生

 福岡県久留米市在住の70代女性が、バスに乗車中、バスが急ブレーキをしたことから転倒し、腰椎圧迫骨折等の怪我を負われました。

2.相談・依頼のきっかけ

 腰椎圧迫骨折に伴う脊柱の変形障害として、後遺障害11級7号の事前認定を受けており、保険会社から示談金の提示がなされている状況でした。

 依頼者としては、手方保険会社のそれまでの不誠実な対応や過失を指摘されるなどの対応から、全てが信用できないとのことで相談に来られました。

3.当事務所の活動

 保険会社からの提示内容は、後遺障害にかかる損害331万円を含み、550万円での示談提示でした。

 ご相談時に、すぐに適正な損害賠償額を算定し、また、争われるであろう点のご説明を致しました。

 示談交渉を受任することとなりましたが、訴訟は希望されないとのことで、示談交渉による最大限有利な解決を目指すことにしました。

4.当事務所が関与した結果

 示談交渉の結果、損害額自体は、ほぼ当方の請求どおりとなったのですが、相手方がこちらの過失を主張してきました。

 訴訟をすれば、こちらに過失がないことは十分立証できると考えましたが、訴訟までは望まないとのことで、有利な解決を模索する必要がありました。

 依頼者が人身傷害保険(自分の過失分をカバーする保険)に加入していたことから、これを利用することとし、まずは人身傷害保険から保険金を受領し、その後、相手方保険会社と示談をしました。

 その結果、訴訟をせずに、過失がない場合と全く同じ金額を受け取ることができました。

 受取額は、以下のとおり、総額1,200万円強となり、約700万円の増額となりました。

主な損害項目 (示談前)  (示談後)
休業損害   62万円 →   171万円
傷害慰謝料   148万円 →   233万円
逸失利益   0円 →   382万円
後遺障害慰謝料   331万円 →   420万円

5.解決のポイント(所感)

 人身傷害保険があったおかげで過失割合を問題にすることなく、訴訟に比べて、早期に解決できました。

 また、逸失利益の有無を争われやすい脊柱の変形障害についても、ほぼこちらの請求どおりの金額となり、よい解決となったと思います。

お客様の声

1.当事務所へご相談いただいたきっかけを教えてください。

 当事者間で示談協議の際、相手方保険会社の不誠実な対応と過失を指摘されたため示談内容を含め全てにおいて信用出来なかった。

 その為、交通事故示談交渉に関する知識と交渉能力ある弁護士に依頼する必要があった。

 御所を選んだ理由としては交通事故の交渉実績が多数あることと、東京から家族の代理での問合せでも対応していただけたこと、初回の相談ですぐに査定と不利益なポイントを指摘いただいた3点です。

2.当事務所のサービスや接客について感じたことをご記入ください。

 状況に応じて的確な判断とご提案をいただけた。

 わからない事には時間をかけて丁寧に説明をいただけた。

お客様アンケート(交通事故)20140626
こちらをクリック

2014.6.26掲載

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら