西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

後遺障害等級認定・示談交渉サポートで約5,300万円が補償された事案(7級)

【相談者】 女性(当時20代) / 佐賀県在住 / 職業:会社員
【傷病名】 頚椎捻挫・腰椎捻挫・右大腿骨骨幹部骨折・左上腕骨骨幹部骨折
右膝蓋骨骨折等
【後遺障害等級】 併合7級
【活動のポイント】 後遺障害被害者請求、訴訟、和解
【サポート結果】 併合7級認定獲得、和解成立

主な損害項目 金額
休業損害 1,016万円
傷害慰謝料 350万円
逸失利益 3,343万円
後遺障害慰謝料 1,000万円
過失 10%
最終支払額 約5,300万円

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 当時20代の佐賀県在住の女性が、信号による交通整理の行われていない交差点を直進中、対向車線を走行していた2トントラックの加害車両がウィンカーをつけずに急に右折をしてきたことにより、これを避けきれず衝突しました。

 被害者は、ドクターヘリにて救急搬送され、右大腿骨骨幹部骨折、左上腕骨骨幹部骨折、右膝蓋骨骨折、外傷性肺挫傷等と診断され、そのまま入院となりました。

 入院先で左上腕骨、右大腿骨、右膝蓋骨の各骨折部位に対し、接合術の手術を受け、以後、リハビリを続けている状態でした。

 今後の後遺障害申請や相手方保険会社との対応、示談交渉等をお願いしたいとのことでご相談・ご依頼に来られました。

当事務所の活動

 まず、これまでの治療経過を把握するため、診断書等の必要書類を取り寄せ、治療経過と症状の確認を行いました。

 しばらくはリハビリ治療に専念していただきましたが、その後、治療の終了時期や残存している後遺症の内容について、主治医の先生と面談を行い、後遺障害の申請を行いました。

 後遺障害申請の結果、右大腿骨骨幹部骨折後の偽関節、右股関節の機能障害、右膝痛、左肩関節の機能障害等の症状について、併合して後遺障害等級7級に該当するとの回答を得ました。

 この回答をもとに、相手方と示談交渉をしましたが、相手方保険会社からの回答が著しく遅く交渉が進まないことから、訴訟を行うこととし、佐賀地方裁判所にて訴訟提起をいたしました。

当事務所が関与した結果

 訴訟においては、事故状況(過失割合)、症状固定時期、休業損害、後遺障害等級、逸失利益等について争われました。

 最終的には、おおむね当方の主張に沿う形で和解案が提示され、自賠責保険金を含み、総額約5,300万円での和解が成立いたしました。

弁護士 桑原 淳の所感(解決のポイント)

弁護士桑原淳

 被害者は本件事故により重傷を負い、長期のリハビリ治療を頑張ってこられましたが、重い後遺症が残り、これまでの人生が一変してしまいました

 適正な補償額を目指して、後遺障害等級の申請、訴訟手続き等、最大限のサポートを行うことを心掛けました。

 主治医の先生や勤務先の方々など、たくさんの方のご協力を得て、無事に和解での解決となりました。

お客様の声

20170127

2017.01.27掲載

むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用