西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

顔の傷痕で後遺障害12級が認定、示談交渉開始からわずか3日程で解決した事例

【相談者】 40代男性 / 福岡市在住 / 会社員
【傷病名】 頭部打撲、胸部打撲傷、左眉下部切創、外傷性頚部捻挫、左大腿打撲傷
【活動のポイント】 後遺障害等級認定サポート・示談交渉
【後遺障害等級】 12級14号
【サポート結果】 適切な後遺障害等級認定・裁判基準以上の後遺障害慰謝料の獲得

主な項目 金額
傷害慰謝料 62万円
後遺障害慰謝料 296万円
休業損害 3万円
最終支払額 374万円(治療費除く・自賠責保険金含む)

後遺障害12級の解決事例一覧

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 福岡市在住の男性が、バイクに乗って青信号の交差点を直進していたところ、交差点内で道路を塞いでいた車に衝突するという交通事故に遭いました。

 衝突後に転倒し、頭部打撲、胸部打撲傷、左眉下部切創、外傷性頚部捻挫、左大腿打撲傷の怪我を負いました。

 治療はそろそろ終了するが、顔の傷について、後遺障害の申請のサポートをしてほしいとのことで、保険代理店の方よりご紹介いただき、ご相談にお越しいただきました。

 自家用車に弁護士費用特約がついており、今回のケースではご本人様が費用を負担する必要もなかったため、その場でご依頼いただくことになりました。

 

当事務所の活動

 ご相談いただいた時点で、ほとんど治療は終了していたため、すぐに相手方保険会社から診断書などの必要書類を取り付け、後遺障害の申請準備に取り掛かりました。

 同時に、依頼者には病院で作成される診断書などの後遺障害に必要な書類の準備を進めていただくことで、スムーズに申請を行うことができました。

 また、今回は顔の傷の後遺障害申請であり、その傷の状態を調査機関が実際に見るため面接の機会が設けられたため、弁護士が同行し、安心して面接を受けていただくことができるよう努めました。

当事務所が関与した結果

 後遺障害等級申請の結果、左眉下部切創に伴う顔面部の裂創について「外貌に醜状を残すもの」として、12級14号の認定を得ることができました。

 その後の示談交渉では、通常1か月から2か月ほどかかるところ、交渉を開始してから3日ほどで迅速に示談解決することができました。

弁護士の所感(解決のポイント)

弁護士江藤

 本件は、いわゆる外貌醜状という後遺障害が問題になりました。

 外貌醜状については、そもそもどのような傷が後遺障害認定の対象になっているかを正確に理解しておくことで、申請が有利に進みます。

 今回は目元の怪我ということで、目をつぶった状態と開けた状態では、傷跡の目立ち方が大きく変わって見えたり、線状の傷であれば、2つの傷が1センチ以内で隣接していた場合は一つの線状痕として認められたりなど、いくつか注意点がありました。

 よって、傷を正しく見てもらうためにも、今回私も面接に同行させていただき、サポートしました。

 また、外貌醜状は、逸失利益という損害が認められにくい後遺障害であるため、十分な補償を得るためには、慰謝料をしっかりと主張する必要があります。

 外貌醜状は以上のように、専門的な知識が不可欠な後遺障害といえるため、もしお悩みの際は専門家にご相談することをおすすめいたします。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用