西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

頸椎捻挫・腰椎捻挫につき、わずか3週間で101万円増加した事案

【相談者】男性(30代) / 福岡市在住 / 職業:会社員

【傷病名】頚椎捻挫、腰椎捻挫等

【後遺障害等級】非該当→たくみが異議申し立て→14級9号

【活動のポイント】内払い請求、異議申し立てによる後遺障害等級変更

【サポート結果】裁判によらず示談解決

主な損害項目 サポート前 サポート後 増加額
逸失利益 71万4,840円 113万6,493円 41万5,160円
後遺障害慰謝料 40万円 100万円 60万円
合計額 111万4,840円 223万6,464円 111万5,160円
1割の過失相殺後 100万3,356円 201万2,844円 100万9,488円

1.相談・依頼のきっかけ

 この事故により依頼者の方は頚椎捻挫、腰椎捻挫の診断を受け、相談に来られる前に頚部痛につき14級9号の認定を受けていました。

 傷害部分については、既に本人で示談されていましたが、「後遺障害部分の保険会社からの提示(既払い75万円を含む100万円)があったが妥当なのか?」ということで相談・依頼されました。

2.当事務所の活動

 依頼者の方から相談を受け、すでに後遺障害の認定を受けていたことから相談終了後すぐに、裁判基準より低く提示している部分を裁判基準とするため、保険会社との交渉の準備にとりかかりました。

 そこで、保険会社と交渉したところ、わずか3週間で、上に示したとおり、裁判基準での補償を得ることができました。

3.当事務所が関与した結果

 損害項目として逸失利益が約41万円増加、後遺障害慰謝料70万円が増加し、依頼者の方に過失が1割あったという点には争いがなかったことから、過失相殺された結果、既払い金75万円を含めて、約100万円の提示だったものが、約201万円を受領(約100万円増加)することで解決しました。

4.弁護士桑原淳の所感(解決のポイント)

弁護士桑原淳

 過失割合には争いがなかったことから、損害額を争い、わずか3週間で請求額どおり101万円の増額を得られることになり依頼者にとっても良い解決となったと思います。

 傷害部分については、裁判所基準よりも低い金額で示談されていたため、この部分も増額の余地があったことから、既に示談してしまっていたことが悔やまれます。

 後遺障害の認定が下りた場合であっても、保険会社はこのように適正な賠償金額とはかけ離れた金額を提示してきます。

 「保険会社からの提示があった際には、この金額が妥当なのか?」ということを弁護士に相談されることをお勧めします。

5.お客様の声

お客様の声20140522

1.当事務所へご相談いただいたきっかけを教えてください。

 ホームページを見て宮田先生の笑顔が良かった。

2.当事務所のサービスや接客について感じたことをご記入ください。

 スピーディな対応が良かった。

2013.3.21掲載

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用