西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

40代の女性(主婦)が、約404万円の補償を受けた事案(14級)

1.事故発生

 福岡市内在住の専業主婦Mさんは、追突事故により、頸部打撲、頸椎捻挫、腰椎捻挫の診断を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

 「相手方保険会社から示談の提示が来たので、妥当かどうかを判断してほしい」とのことで、相談・依頼されました。

 相談に応じていると、治療日数や、治療経緯、現在の症状の確認をするにつれ、後遺障害が残る可能性が高いと判断し、傷害部分での示談の話はとりやめてもらい、後遺障害申請手続をすることになりました。

3.当事務所の活動

 後遺障害認定について、必要な検査等を受けていただいた上で、医師と直接面談し、後遺障害診断書について具体的にどのように記載していただきたいかを伝え、現在の症状において後遺障害が認定される可能性の高い後遺障害診断書を作成していただきました。

4.当事務所が関与した結果

 頸椎捻挫の神経症状の後遺障害により14級9号の認定を獲得できました。

 その上で相手方と交渉を重ね、保険会社との数回の交渉を経て、こちらのほぼ主張どおりの以下の金額を認めてもらうことができました。

傷害慰謝料  約113万円(赤本基準)
後遺障害逸失利益  約77万円(喪失期間5年)
後遺障害慰謝料  110万円(赤本基準)

 治療費を除いた賠償金約404万円を獲得することができました。

5.解決のポイント(所感)

 この方は、当初の提示額が傷害部分のみの約67万円でした。

 しかし、後遺障害が残る可能性が高いと判断し、結果後遺障害が認定されたため404万円と賠償額は約6倍になりました。

 後遺障害の認定を取ることがすべてではありませんが、症状が残っている方には適正な賠償額を取ることが重要であると感じました。

 そして、後遺障害が残る可能性が高い依頼者なのか否かを判断することのできる弁護士に依頼することが依頼者にとっては重要であると思います。

2013.8.29掲載

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用