西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

主夫と認められ、主夫休損・逸失利益を裁判基準で補償を受けた事案 (併合14級)

【相談者】 男性(40代) / 福岡市在住 / 職業:主夫
【傷病名】 頚椎捻挫・腰椎捻挫等
【活動のポイント】 主夫を立証するために資料収集依頼
【後遺障害等級】 14級9合※事前認定
【サポート結果】 主夫としての休業損害認定、適切な賠償額の獲得

主な損害項目 金額
休業損害 105万円
傷害慰謝料 117万円(裁判基準)
逸失利益 77万円
後遺障害慰謝料 110万円(裁判基準)
通院交通費 15万円
最終支払額 約424万円

相談・依頼のきっかけ

 福岡県在住の40代男性の方が、信号停止中に追突されるという交通事故に遭い、頚椎捻挫、腰椎捻挫等のけがを負いました。

 依頼者は、すでに頚部・腰部ともに14級9号の認定を受けていました。

 今後、相手方に主夫として認めてもらうためにはどうしたらいいか、示談交渉を専門家に依頼したいとのことで、以前、当方にて受任したご友人の紹介で、当事務所に相談されました。

当事務所の活動

 相手方保険会社へ受任通知を行い、資料一式を送っていただきました。

 そして、依頼者に、請求額や見込み額を説明すると同時に、主夫であることを証明するための資料を集めるよう依頼しました。

 資料が揃い次第、保険会社との示談交渉へと移りました。

当事務所が関与した結果

 ご依頼者にご協力いただき示談交渉時においても裁判するときと同じ証拠を準備することにより、主夫を前提に相手方との示談交渉が進み、裁判基準どおりの慰謝料等で合意できました。

 最終的に、既払いを除いて約424万円(自賠責含む)の補償を受けることで示談となりました。

弁護士の所感(解決のポイント)

 示談交渉において、男性が家事従事者であることを立証するためには、通常の女性の家事従事者の場合よりも、様々な資料をご依頼者に集めていただく必要があります。

 依頼者の方に積極的に資料収集にご協力いただけたことが、早期解決に結びついたのだと思います。

 交渉の結果、主夫としての休業損害、逸失利益、慰謝料全てが裁判基準どおりでの解決となり、大変良かったと思います。

お客様の声

お客様アンケート(交通事故)

1.当事務所へご相談いただいたきっかけを教えてください。

 知人からの紹介

2.当事務所のサービスや接客についてのご感想をお聞かせ下さい。

 対応が良かった

2015.2.26掲載

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用