西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

治療中からサポートを行い、裁判をせず約420万円(裁判基準)で解決した事案

1.事故発生

 福岡県福岡市に在住する30代の兼業主婦の方が、乗車中に追突され、むちうちとなりました。

2.相談・依頼のきっかけ

 受任後は事故直後であったので、治療が終了するまでサポートを続けながら、治療終了時に後遺障害認定手続をとり、後遺障害14級の認定を受けることができました。

 その後、14級を前提として交渉を開始することになりました。

3.当事務所の活動

 当事務所としては、腓骨骨折後の神経症状について、後遺障害診断書に具体的な神経学的所見を記入していただき、後遺障害申請手続きをとりました。

 その結果、腓骨骨折後の神経症状として、後遺障害等級14級の認定を受けました。

 そして、後遺障害等級14級を前提に相手方保険会社と示談交渉をすることになりました。

4.当事務所が関与した結果

休業損害  約85万円
慰謝料  約135万円(裁判基準
逸失利益  約77万(裁判基準:喪失率5%、喪失期間5年))
後遺障害慰謝料  110万円(裁判基準

 として、既払い金を除き合計約420万円を獲得することができました。

5.弁護士 壹岐 晋大の所感(解決のポイント)

弁護士壹岐晋大

 本件では、相手方は大手の損保会社であり、近時、当損保会社は示談であることのみを理由として慰謝料の基準を裁判基準の8割等と主張してくることも多くあり、本件でも実際に初回の提示額は裁判基準の8割等で合計約341万円でした。

 しかし当方としては、裁判であるから精神的苦痛が大きいわけではなく、あくまで入通院及び後遺障害に対する精神的苦痛であるとして、示談であったとしても適正な基準で判断されるべきだと主張し、本件でも適正な基準で認められました。

6.お客様の声

お客様アンケート(交通事故)20151002

2015.10.23掲載

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら