西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

相手方保険会社と粘り強く交渉し、裁判せずに裁判基準の賠償が認められた事案

【相談者】男性(50代) / 福岡市在住 / 職業:会社員

【傷病名】左足リスフラン関節脱臼骨折、左肋骨打撲等

【後遺障害等級】14級9号

【活動のポイント】被害者請求、示談交渉

【サポート結果】当方主張どおりの金額で示談

主な損害項目 金額
休業損害 50万円
傷害慰謝料 128万円(裁判基準)
逸失利益 121万円
後遺障害慰謝料 110万円(裁判基準)
過失 15%
最終支払額 338万円

相談・依頼のきっかけ

 50代の福岡市在住の男性が自動車で黄色点滅の信号機のある交差点に進入したところ、ほぼ止まりかけていた加害車両が、左側の道から急発進をしてきたため、避けられず衝突されるという交通事故に遭われました。

 男性は、この事故で左足リスフラン関節脱臼骨折、左足背・左手・左足関節打撲傷、左肋骨打撲等の怪我を負いました。

 ご相談時には、症状固定まで間もなくという状態でした。

当事務所の活動

 症状固定後に、後遺障害等級の被害者請求をしました。

 その結果、後遺障害14級9号の認定を受けましたので、その結果をもとに損害額を計算し、相手方の保険会社と示談交渉をしました。

当事務所が関与した結果

 相手方保険会社と示談交渉した結果、傷害部分・後遺障害部分ともに裁判基準にて合意し、逸失利益においても、当方主張(労働能力喪失率5%労働能力喪失期間5年)が認められました。

 結果的に、裁判をせずに、過失割合以外において当方主張どおりの損害額が認められたかたちで、示談成立となりました。

弁護士桑原淳の所感(解決のポイント)

弁護士桑原淳

 納得できる内容で示談できるまで相手方の保険会社と粘り強く交渉したことが今回のポイントだと思います。

 適正な補償を得られるよう、休業損害の根拠になる資料を出来る限り提出した結果、労働能力喪失率5%、労働能力喪失期間5年が認められよかったです。

 過失割合やその他逸失利益等においても、納得いくまで交渉を重ねたので、裁判にまで発展しておりませんが、裁判所基準等、当方主張どおりの内容で示談が成立したのだと思います。

お客様の声

お客様の声2016729

2016.7.29掲載

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用