西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

裁判せずに慰謝料が裁判基準で認められ996万円の補償を受けた事案

【相談者】 女性(70代) / 糟屋郡在住 / 職業:飲食店アルバイト
【傷病名】 傷後頚部症候群、腰部捻挫、右足関節外果骨折等
【後遺障害等級】 併合14級認定
【活動のポイント】 後遺障害等級申請、示談交渉
【サポート結果】 併合14級認定、裁判基準での示談終了

主な損害項目 金額
休業損害 217万円
傷害慰謝料 226万円(赤本基準どおり)
逸失利益 33万円(5年5%)
後遺障害慰謝料 110万円(赤本基準どおり)
合計額 996万円(治療費含む)

相談・依頼のきっかけ

 70代の糟屋郡在住の女性が夜間に横断歩道のない道路を横断していた際に、オーディオ操作をしながら前方不注視の状態で走行していた加害車両に衝突される事故に遭い、外傷後頚部症候群、腰部捻挫、右足関節外果骨折、右手関節捻挫等の怪我を負われました。

 ご相談時にはすでに症状固定を迎えており、これから後遺症の申請を行うというところでした。

 仕事に復帰することができないなど事故後のお怪我の影響が大きく、日常生活に支障を感じていた為、後遺症障害等級の認定を受けることが出来ないかということでご相談を受けました。

当事務所の活動

 今回は、まず後遺障害等級認定のサポートを行いました。

 申請を行った結果、頸部痛、腰痛、右手関節痛、右足関節外果骨折後の右足関節痛についてそれぞれ14級9号の認定を受けました。

 その後、右手関節痛及び右足関節外果骨折後の右足関節痛について異議申立を行いましたが、残念ながら結果は変わらず、示談交渉へと移りました。

当事務所が関与した結果

 当初の相手方の提示では、慰謝料は請求額の8割の支払ということでしたが、当事務所が関与した結果、請求額どおり支払って頂けるようになりました。

 また、過失においては初回回答において20%と主張されておりましたが、被害者が高齢者であったこと事故の場所が商店街であったことにおいて修正事由を主張し、過失15%に下げることができました

弁護士 向井 智絵の所感(解決のポイント)

弁護士 向井智絵

 歩行中に自動車に衝突されるという事故であり、事故直後の怪我は右足関節外果骨折などの重傷で、入院も72日間ありました。

 右足関節外果骨折については後遺障害12級の可能性もあると考えておりましたが、1度目の申請及び異議申立によっても14級以上の等級の認定を受けることができず、認定の点では必ずしも想定通りにはいきませんでした。

 もっとも、示談交渉においては入通院慰謝料・後遺症慰謝料・逸失利益については全て請求額通りの金額まで増額することができました。

 認定を12級に覆すことはできなかったものの、未だ仕事に復帰することができない等の被害者の具体的な事情を詳細に主張したことが要因だと思います。

2016.8.5掲載

むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用