西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

提示された金額が低く、当事務所の関与により適正な補償を受けることができた事例

【相談者】 女性(30代) / 熊本県在住 / 職業:会社員
【傷病名】 頚椎捻挫、腰椎捻挫等
【後遺障害等級】 併合14級
【活動のポイント】 示談交渉
【サポート結果】 示談交渉による増額

主な損害項目 サポート前 サポート後 増加額
休業損害 45万円 45万円
傷害慰謝料 50万円 97万円 47万円
逸失利益 34万円 79万円 45万円
後遺障害慰謝料 40万円 110万円 70万円
合計額 178万円 339万円 161万円

1.相談・依頼のきっかけ

 30代の熊本県在住の女性が追突事故に遭われ、頚椎捻挫、腰椎捻挫等の怪我を負いました。

 ご相談時には、既に症状固定を迎えており後遺障害等級併合14級の事前認定が出ているという状況でした。

 相手方保険会社から示談金の提示がされており、提示されている金額が妥当なものか判断をして欲しいということでご相談をお受けいたしました。

2.当事務所の活動

 ご依頼者の方から、事故前の仕事の内容や治療経過、現在の後遺症の内容等をお聞きした上で、相手方保険会社からの提示額を精査してみると、後遺障害の補償が自賠責保険金どおりとされているなど明らかに適正な額とは言えませんでした

 そのため、ご依頼をお受けし、すぐに当方にて適正と考えられる損害額を計算して、相手方保険会社と示談交渉を開始しました。

3.当事務所が関与した結果

 相手方保険会社からの初回の回答では、当初よりも増額とはなったものの、まだ慰謝料の金額などについて、適正な額とはいえませんでした。

 そのため、単に増額しただけで満足することなく、引き続き交渉を続けたところ、数度の交渉を経て、裁判した場合と比較しても、適正な額になったと判断されたことから、示談が成立しました。

4.弁護士 桑原 淳の所感(解決のポイント)

弁護士 桑原淳

 相手方保険会社の事前提示額は、後遺障害について自賠責保険金のとおりとされているなど、客観的に適正とは言えない額でした。

 ご依頼をお受けし、妥協することなく交渉した結果、168万円もの差が出ることとなりました。

 裏を返せば、保険会社は、168万円も不当に低い額で示談を提示してきていたのです。

 交通事故被害者の救済に弁護士が関与する必要性を強く感じた次第です。

 この方は、過去ご担当させて頂いた依頼者からのご紹介でしたが、適正な金額で、無事に解決まで至り良かったです。

5.お客様の声

お客様の声20160826

2016.8.26掲載

おすすめコンテンツ

弁護士選びのポイントご相談の流れ弁護士費用

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら