西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

後遺障害等級認定サポートの結果、14級が認定され、335万円の補償を受けた事例

【相談者】 女性(30代) / 北九州市在住 / 職業:主婦
【傷病名】 腰椎捻挫、腰椎椎間ヘルニア(外傷性)等
【後遺障害等級】 14級9号
【活動のポイント】 後遺障害被害者請求、示談交渉
【サポート結果】 14級9号認定獲得、示談成立

主な損害項目 金額
休業損害 87万円
傷害慰謝料 109万円
逸失利益 48万円
後遺障害慰謝料 88万円
過失 0%
最終支払額 335万円

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 30代の北九州市在住の女性が、友人の車の後部座席に搭乗中の事故でした。

 友人運転の車が信号のある十字路を青信号で直進中、左側から加害車両が信号無視で直進してきたことにより、衝突しました。

 事故当日に病院に行って診察を受けたところ、頚椎捻挫外傷性頚部症候群腰部挫傷腰椎捻挫両肩背部挫傷と診断されました。

 治療中に引っ越しがあったため、他の病院でMRI検査をした際、腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。

 しかし、事故との因果関係は分からないといわれましたが、以前からそのような自覚症状は無かったようです。

 そこで、症状固定後の後遺障害申請と、保険会社との示談交渉について相談をしたいということで、事務所にいらっしゃいました。

当事務所の活動

 まず、これまでの治療経過を把握するため、診断書等の必要書類を取り寄せ、当方にて被害者請求を行いました。

 その結果、腰椎捻挫後の腰部痛、左下肢の痺れ等の症状について、後遺障害等級14級9号に該当するとの回答を得ました。

 この回答をもとに、相手方と示談交渉をしました。

当事務所が関与した結果

 示談交渉では数度にわたって回答を引き出し、その額も270万円305万円335万円と上がっていきました。

 相手方保険会社からはこれ以上の金額は出せないとの回答となり、ご依頼者と今後の方針について協議いたしました。

 私としては、相手からの回答額は不当な額とまでは言えませんが、裁判すればもう少し増額した形になると考えたことから、裁判をお勧めしました。

 もっとも、裁判をすると解決にも時間が掛かることから、ご依頼者に選択いただき、最終的には、早期解決のため、示談を選択されました。

弁護士 桑原 淳の所感(解決のポイント)

弁護士桑原淳

 示談交渉は相手がいることですので、必ずしも裁判基準で解決できるわけではありません。その場合、裁判という選択肢もあります。

 もっとも、裁判となると時間も掛かりますし、ご依頼者のご負担もないわけではありません。

 そのため、当事務所では、裁判をするかどうか、選択肢を提示させていただき、最終的にはご依頼者の判断にお任せすることとしております

 単に示談交渉して終わりではなくご依頼者に納得できる解決方法を提示することも我々弁護士の役割だと考えています。

お客様の声

20170224

 交通事故に遭ってい一番辛かった事が、保険会社や病院が、後遺症が治らず今後に不安を抱えていても、全く被害者の立場にたってくれないことでした。

 そこで、先生に相談させていただいたのですが、親身に話を聞いていくださり、私の立場に立って交渉を重ねてくださったので、とても気持ちが救われました。

 特に、大きな案件ではないはずなのに、裁判まで視野に入れてくださったことがありがたかったです。

 納得いく形で解決してくださったおかげで、ようやく気持ちの面でも事故を終わらせることができます。

 ありがとうございました。

2017.2.24掲載

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用