西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

後遺障害等級認定サポートで14級が認定され、適正な逸失利益が認められた事例

【相談者】 男性(70代) / 筑紫野市在住 / 職業:自営業
【傷病名】 頚椎捻挫・腰椎捻挫
【後遺障害等級】 14級9号
【活動のポイント】 後遺障害等級認定サポート、示談交渉
【サポート結果】 後遺障害等級認定獲得、適切な賠償金額獲得

主な損害項目 金額
傷害慰謝料 90万円
逸失利益 62万円(労働能力喪失期間:5年、労働能力喪失率:5%)
後遺障害慰謝料 102万円
合計額 255万円(過失相殺なし)

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 70代の筑紫野市在住の男性が同乗していた車が筑紫野市内のスーパーマーケットの駐車場へ右折進入しようと、対向車確認のために停車していたところ、車に真後ろから追突される事故に遭い、頚椎捻挫・腰椎捻挫の怪我を負われました。

 事故後、治療費に関しては、加害者加入の保険会社が対応していました。

 しかし、将来、後遺障害が残った場合のサポート適切な賠償金額で示談をしたいとのご希望で、ご相談・ご依頼を受けました。

当事務所の活動

 ご相談・ご依頼をお受けしたのが受傷後約3経過したころでしたので、今回は、症状固定前の通院期間中から受任し、サポートさせていただきました。

 整形外科でリハビリを続けましたが、首や背中の痛み等が残存しており、仕事にも支障が出ているということで、受傷後約7ヵ月経過した時点で症状固定とし、後遺障害等級認定サポートをさせていただきました。

 申請の結果、その結果、自賠責保険において、14級9号の後遺障害の認定を受けました。

 その後、認定結果を前提に、加害者の保険会社との示談交渉へと移りました。

当事務所が関与した結果

 示談金額の交渉の中で一番争点となったところは、傷害及び後遺障害の慰謝料の点で、相手方である保険会社からは、裁判基準額の8割程度の回答がなされました。

 これに対して、当方からは、ご本人が特に訴えていた、首や背中の痛み等が残存しており、仕事にも影響があるということでしたので、この点を譲歩することはできないという姿勢で交渉に臨みました。

 その結果、保険会社との数回の交渉を経て、慰謝料を増額していただき、賠償金255万円(治療費や休業損害等全て含む)を獲得することができました。

弁護士 神田 昂一の所感(解決のポイント)

弁護士神田昂一

 ご本人は仕事がありましたが、事故後痛みが続いていましたので、ほぼ毎日整形外科に通院されていました。

 ただ、事故後6ヶ月経過しても症状が残存し仕事にも具体的な支障が出ているということでしたので、無事後遺障害の認定を受けることができて良かったです。

 通常、自営業者の逸失利益については、特に基礎収入の金額について揉めることが多いといえます。

 しかし、今回は、確定申告書の内容をもとに、減価償却費や一部経費を基礎収入に算入する形で、こちらの請求通り逸失利益を認定させることができました。

 また、その他の損害費目交渉に関しても、裁判での獲得金額を見据えて交渉を行い、ほぼこちらの請求額通りの金額で示談することができました。

お客様の声

お客様の声20170818

2017.8.18掲載

おすすめコンテンツ

むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント

後遺障害等級認定サポート

弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用
交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら