西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

主婦としての休業損害の補償が認められ、わずか2週間で解決した事例

【相談者】 40代夫婦 / 自営業 / 福岡県春日市在住
【傷病名】 夫:頚椎捻挫、腰部打撲、腰椎椎間板ヘルニア
妻:頚椎捻挫、腰椎捻挫、左下肢挫傷
【活動のポイント】 保険会社との交渉
【後遺障害等級】 夫:14級9号
妻:併合14級
【サポート結果】 裁判基準での賠償金獲得、主婦としての休業損害認定、スピード解決

主な損害項目 金額(夫) 金額(妻) 合計金額
傷害慰謝料 100万円 100万円 200万円
休業損害 66万円 97万円 163万円
逸失利益 53万円 78万円 131万円
後遺障害慰謝料 110万円 110万円 220万円
最終支払額 329万円 385万円 714万円

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 40代の春日市在住の男性が助手席に妻を乗せて、路側帯にハザードランプをつけて停止していたところ、後方より追突される事故に遭い、頸椎捻挫・腰椎捻挫等の怪我を負われました。

 衝撃が大きく車は廃車になってしまったそうです。

 ご相談時に来られた時点で既に14級の後遺障害等級の認定をご夫婦ともに受けており、今後の相手方保険会社との交渉についてご相談を受け、ご依頼をお受けすることになりました。

当事務所の活動

 まずは加害者側の保険会社に対し、当事務所が被害者夫妻の代理人になった旨を伝え、今回の交通事故に関する資料一式を取り寄せ、損害額計算を行いました。

 すぐに相手方からも資料が到着し、続いて相手方との交渉を行い、金額の交渉を進めました。

当事務所が関与した結果

 相手方との交渉においては、慰謝料はすぐに裁判基準満額での回答が来ましたが、休業損害逸失利益が主な争点となりました。

 ご夫婦は自営業でしたので、収入の減少という形でなかなか数字には現れにくいところはありますが、被害者の方が負った怪我の内容や具体的な仕事の支障などを主張していたところ、十分な回答が得られたため、裁判することなく、わずか2週間で示談成立となりました。

弁護士 桑原淳の所感(解決のポイント)

弁護士桑原淳

 以前、ご依頼いただいた方から、再びご依頼をいただきました。

 今回は、すでに後遺障害の認定もなされていましたので、1日でも早い解決及び適正な額での示談締結を目指しての交渉となりました。

 結果的に、裁判した場合と同程度の補償を、約2週間の交渉期間で獲得することができました。

お客様の声

お客様の声20180329

むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用