西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

後遺障害等級認定サポートで14級が認定され、提示額から123万円増額した事例

【相談者】 70代男性 / 福岡県在住
【傷病名】 頚椎捻挫、腰椎捻挫、左肩関節捻挫等
【活動のポイント】 後遺障害等級認定サポート、示談交渉
【後遺障害等級】 14級
【サポート結果】 後遺障害等級認定、適切な賠償額の獲得

主な損害項目 受任前 受任後 増加額
交通費 4万円 4万円
傷害部分慰謝料 72万円 96万円 24万円
後遺障害慰謝料 0円 99万円 99万円
総賠償額 187万円 310万円 123万円

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 福岡県在住の70代の男性が、自家用車で青信号走行中に前の自動車が停止したため、停止したところ、後ろから加害者の運転する自動車に追突されるという交通事故に遭い、頚椎捻挫、腰椎捻挫、左肩関節捻挫等の怪我を負いました。

 ご相談時は事故から8ヵ月の通院を終え、相手方から示談の提示書面が届いているところでした。

 今後の交渉・後遺障害申請についてお願いしたいということで、ご依頼いただくことになりました。

当事務所の活動

 ご相談・ご依頼をお受けしたのが受傷後8ヵ月経過したところでした。

 ご本人様の怪我の痛みがまだ残っていたことでしたが、保険会社からは後遺障害申請についての説明は特にされていないということでした。

 事故状況、通院状況、症状推移等を確認させていただいた結果、後遺障害の認定が下りる可能性があると判断し、後遺障害申請を行ったのち、示談交渉を行う方針となりました。

 保険会社から全ての資料を取り寄せ、後遺障害診断書等の書類の作成も整った段階で後遺障害申請を行いました。

当事務所が関与した結果

 後遺障害申請を行った結果、想定していた通り、「頚椎捻挫の局部に神経症状を残すもの」として、別表第二第14級の後遺障害であるとの認定を受けることができました。 

 その後の示談交渉では、治療期間や慰謝料素因減額が主な争点となりましたが、治療期間は当方主張通り、素因減額についても当方主張の通りの減額、総額についても裁判を行った場合と同額以上の賠償を受けることができました。

 ご相談いただいた時点で、相手保険会社から後遺障害申請についての説明は何もされておらず、通院慰謝料と交通費の賠償だけでの示談の提案を受けていただけでしたので、総額約123万円増額することができました

弁護士 向井智絵の所感(解決のポイント)

弁護士向井智絵

 事故から約6ヵ月程度治療を続けたにもかかわらず症状が残存してしまった場合、後遺障害申請を行うかどうか判断していくことになります。

 後遺障害申請を行うことになった場合にはそれ以降の治療費を相手保険会社に請求することはできなくなりますが、後遺障害の認定が下りた場合には、下りていない場合と比べて最低でも100万円程度は賠償額に差が出ることになります。

 保険会社が後遺障害の申請について親切に説明してくれないことも良くあり、今回も、後遺障害申請の説明はされることなく示談の提案がなされている状態でした。

 示談前にご相談いただいたことによって、適切な後遺障害の認定を受け、賠償額を約123万円増額することができました。

 保険会社から示談の提案がなされているがそのまま応じて良いか不安がある方は是非一度ご相談ください。

 後遺障害申請を行うべきかどうか、そのまま示談に応じて問題ないか、アドバイスさせていただきます。

おすすめコンテンツ

むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント

後遺障害等級認定サポート

弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用
交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら