西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

後遺障害等級認定サポートで14級9号が認定され、示談交渉で355万円の補償を受けた事例

【相談者】 男性(40代) / 大野城市在住 / 職業:乗務員
【傷病名】 胸骨骨折、外傷性頚部症候群、頚椎椎間板ヘルニア
【活動のポイント】 後遺障害等級認定サポート、示談交渉
【後遺障害等級】 14級9号
【サポート結果】 後遺障害認定、適切な賠償額の獲得

主な損害項目 金額
休業損害 88万円
逸失利益 122万円(労働能力喪失期間:5年・労働能力喪失率:5%)
傷害慰謝料 130万円
後遺障害慰謝料 99万円
総賠償額 355万円(自賠責保険金含む)

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 大野城市在住の40代の男性が、普通乗用自動車に同乗中、運転手が自損事故を起こす事故に遭いました。

 被害者は、本件事故により、胸骨骨折、外傷性頚部症候群、頚椎椎間板ヘルニア等の傷害を負い、事故直後から3週間ほど入院し、退院後は通院加療を受けられておりました。

 事故から1ヵ月ほど経過しておりましたが、手の痺れ等が残存しており、主に今後の治療や相手方との対応、後遺障害等級申請等についてご相談されるためにご来所されました。

当事務所の活動

 まずは、当方にて事故日からの経過の診断書を全て取り寄せ、具体的な怪我の内容や治療内容等を確認しました。

 また、事故から約半年が経過しましたが、右上肢の痺れと頚部の痛みが残存しており、後遺障害等級申請を行うこととなりました。

 必要な書類をご依頼者様にもご協力いただき、すべて揃えたうえで申請を行いました。

 その結果、頚椎捻挫後の頚部痛、右上肢の痺れについて「局部に神経症状を残すもの」として14級9号に認定されました。

 認定後は、損害額の計算を行い相手方保険会社へ請求及び交渉を行いました。

当事務所が関与した結果

 相手方保険会社との示談交渉では、休業損害、傷害慰謝料、逸失利益、後遺障害慰謝料の額が主な争点となりました。

 傷害慰謝料については、当方請求額の8割での回答でしたが、交渉を続け当方主張の9割に増額いたしました。

 また、逸失利益では、ご依頼者様の基礎収入額について当方主張の金額よりも低い金額でしたが、粘り強く交渉を続け当方請求の金額で示談をすることが出来ました。

弁護士 櫻井正弘の所感(解決のポイント)

弁護士櫻井正弘

 ご依頼者様は、乗務員をされており、事故に遭われた時期は繁忙期でしたので正確な、認められるべき休業損害・逸失利益について立証を続けました。

 休業損害については、訴訟をするよりも有利な金額まで増加できたため、総合的に判断すると示談で終了すべきと考えました。

 このように、裁判をすれば必ずしも有利な金額で解決するわけではないので、どのようにすれば一番被害者の方に適正な補償を受けていただくことができるのか、慎重に見極めることが大切です。

2018.9.28掲載

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用