西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 後遺障害等級認定サポートで14級の認定、裁判せず315万円の補償を受けた事例

後遺障害等級認定サポートで14級の認定、裁判せず315万円の補償を受けた事例

【相談者】 30代男性 / 福岡県在住
【傷病名】 外傷性頸部症候群、右肩関節捻挫等
【活動のポイント】 後遺障害等級認定サポート、示談交渉
【後遺障害等級】 14級
【サポート結果】 後遺障害等級認定獲得、適切な賠償額の獲得

主な損害項目 金額
傷害慰謝料 124万円
後遺障害慰謝料 107万円
逸失利益 44万円
休業損害 85万円
最終支払額 315万円(自賠責保険金含む)

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 福岡県在住の30代の男性が、バイクで追い越し禁止の山道のカーブを走行していたところ、後方より加害者の運転する自動車が追い越そうとしてきて衝突してくるという交通事故に遭われました。

 この事故で、傷性頸部症候群、右肩関節捻挫等の怪我を負われました。

 事故後、通院を続けていましたが、医師より後遺障害が残りそうと言われたとのことで不安に思い、相談にいらっしゃいました。

 今後の治療や後遺障害について、弁護士費用特約もついているため弁護士に任せたいとのことでご依頼いただきました。

当事務所の活動

 当事務所にご相談いただいた時は事故から6ヶ月程経過しており、6ヶ月間通院してもなお、怪我をされた部位にまだ痛みやシビレが残っている状況でした。

 残った症状や事故状況などから神経損傷の存在が疑われましたが、病院で神経損傷に関する検査は受けられていなかったため、まずは検査を受けていただくことにしました。

 そして、検査結果や症状固定時に残った症状の聞き取りを行い、少なくとも後遺障害14級の認定が下りる可能性があると判断し、後遺障害申請を行うことになりました。

当事務所が関与した結果

 受任後、主治医の先生との面談や神経伝導速度検査を実施してもらうなどして証拠を集めて、適切な治療期間を確保できるよう相手方保険会社と交渉しました。

 その結果、右前腕尺側等のしびれ・疼痛について、「局部に神経症状を残すもの」として別表第二第14級の後遺障害であるとの認定を受けました。/p>

 この結果を踏まえて損害額を計算し、相手方との示談交渉を行った結果、最終的に適切な賠償を実現することができました。

弁護士澤戸博樹の所感(解決のポイント)

弁護士澤戸博樹

 本件は、ご相談に見えられたのが事故から6ヶ月経ったころということで、相手方保険会社から打切りの打診がされていました。

 他方で、主治医はリハビリ及び治療継続の必要性を仰っており、適切な治療期間を確保するためには、主治医の先生の意見をしっかりと聞き取って保険会社に説明するとともに、その説明の裏付けとなる証拠も必要となりました。

 神経伝導速度検査の結果、受傷部位付近の尺骨神経に僅かながらも伝導速度の低下が認められ、リハビリも効果が出続けていたため、これらを元に保険会社と交渉し、適切な治療期間を確保することができました。

 また、認定された後遺障害等級を前提に相手方保険会社と示談交渉を行い、裁判基準と同程度の賠償額での解決を実現することができました。

お客様アンケート

アンケート20190201

2019.2.1掲載

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用