西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

TFCC損傷で後遺障害14級が認定され、交渉のみで約416万円が補償された事例

【相談者】 男性(50代) / 福岡県在住 / 職業:作業員
【傷病名】 右手関節打撲傷、左第7肋骨骨折、右肘打撲傷
【活動のポイント】 後遺障害等級認定サポート・示談交渉
【後遺障害等級】 14級9号
【サポート結果】 後遺障害等級認定・適切な賠償額の獲得

金額 備考
約416万円 治療費を除き、内払い休業損害・自賠責保険金を含む

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 50代の福岡県在住の男性が、原動機付自転車に乗車して交差点で停車していたところ、後方より追突される事故に遭われました。

 加害者はスマホを扱っており、前方不注意とのことでした。

 これにより、被害者は右手関節打撲傷、左第7肋骨骨折、右肘打撲傷の怪我を負われました。

 依頼者は事故後約10ヶ月間通院を続けたものの、右手関節の痛みや痺れの症状及び右上肢の機能障害が続いておりました。

 これ以上の回復は見込まれないという依頼者の思いから後遺障害の申請を進めるにあたってのアドバイスが欲しいということで保険代理店の方とともにご来所されました。

当事務所の活動

 相談来所に至る受付の際、そろそろ症状固定をして、後遺障害診断書の作成をご希望とお伺いしておりましたので、相談・受任の場で、後遺障害申請のために必要な書類一式をお渡しし、さっそく後遺障害申請の準備にとりかかりました。

 その後相手方から事故資料の収集等を行い、まずは刑事記録の取り寄せを行いました。

 受任後2ヶ月で後遺障害申請に必要な書類の全てをそろえ、当方関与のもと後遺障害申請を行いました。

当事務所が関与した結果

 後遺障害申請の結果、自賠責保険において、ご本人が訴えていた、右手関節の痛みや痺れの症状及び右上肢の機能障害等の症状について、第14級9号の後遺障害の認定を受けることができました。

 それから、認定結果を前提に、示談交渉へと移りました。

 示談交渉の際には裁判基準より低い金額を提示されましたが、弊所にて粘り強く交渉した結果、増額することができました。

 相手方保険会社へ請求する際に、類似する裁判例探して相手方へ提示したことも結果につながったと思います。

弁護士神田昂一の所感(解決のポイント)

弁護士神田昂一

 交渉時に、今回のお怪我がむち打ちや打撲等ではなく、TFCC損傷を伴うものであったことから、赤い本等の基準にこだわらず、文献や裁判例等を踏まえて、労働能力喪失率・喪失期間等について実情に沿った主張・立証を行いました。

 最終的には、内訳は別として裁判例の傾向を超える適切な賠償を獲得することができたと思います。

お客様アンケート

アンケート20190315

2019.3.15掲載

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用