福岡の弁護士による交通事故相談は事故に強いたくみ法律事務所へ
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
【被害者】 女性(30代) /福岡市在住 / 職業:会社員
【傷病名】 頚椎捻挫・頚椎ヘルニア・頚肩腕症候群・腰椎捻挫・両下腿骨打撲傷
【活動のポイント】 後遺障害認定サポート・示談交渉
【サポート結果】 後遺障害認定・適切な賠償額の獲得

主な項目 金額
傷害慰謝料 96万円
後遺障害慰謝料 99万円
逸失利益 118万円
休業損害 30万円
過失 15%
最終支払額 218万円(治療費・自賠責保険金除く)

首の後遺障害の解決事例一覧

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 30代の福岡市在住の女性が仕事に向かう途中、信号のないT字路を直進していたところ、合図なしで右折してきた対向車と衝突するという交通事故に遭われました。

 車両が双方廃車になるほどの交通事故でした。

 病院で診察を受けたところ、頚椎捻挫・腰椎捻挫・両下腿骨打撲傷等と診断されました。

 事故に遭ってから2か月ほど通院し治療をしていたものの、首と腰の痛みがとれず、また、物的損害について相手の保険会社と過失割合について揉めており、代車も用意されず、車の買い替え費用も支払い、金銭的にも苦しい状況でした。

 保険会社の紹介で弁護士に依頼はしていたものの、なかなか被害者の気持ちを汲み取ってくれず不満に感じていたため解任され、知人に相談されたところ、弊所をご紹介いただき、ご相談いただく運びになりました。

 弁護士費用特約にも加入されており、弁護士費用のご本人負担もないとのことで、その場でご依頼いただくことになりました。

当事務所の活動

 まずは物損について先行して示談交渉を進めました。

 過失割合については被害者に20割程度のある事故態様でしたが、交渉により15%にまで下げることができました

 お怪我については、治療に専念いただきましたが、相手方より事故から半年で治療打切の連絡がありました。

 こちらにも20%程度過失のある事故状況だったことも考慮し、治療費については労災対応への切り替えを行いました。

 事故から8か月ほど経った頃に症状固定となりましたが、首の痛みがまだ残っていたため、後遺障害の申請へ進みました。

 申請に必要な書類の作成を、弊所から病院へ直接依頼するなど、サポートを行いました

当事務所が関与した結果

 後遺障害申請の結果、頚椎捻挫後の疼痛について、医学的所見は認められないものの、症状の経過や継続的に一週間に3~4日程度の通院を続けていたことから「局部に神経症状を残すもの」として、14級9号の認定を受けました。

 認定結果について妥当であると判断し、依頼者にも納得いただけたため、そのまま示談交渉に移りました。

 争点は後遺障害逸失利益と慰謝料でした。

 医学的所見を認められない疼痛の場合、痛みに慣れていくだろうという理由から、労働能力喪失期間を3年と主張されることが多いですが、本件は4年での示談をすることができました。

 なお、慰謝料については、傷害部分・後遺障害部分ともに裁判基準の約9割にあたる96万円・99万円の補償を受けることができました。

弁護士の所感(解決のポイント)

弁護士浅野

 物損では、過失割合の他、当方の積載品の損害や相手方の損害等で双方の言い分が異なるなどし交渉に時間を要しましたが、ご本人の満足行く解決となってよかったと思います。

 お怪我の点では、打切後の通院について相手方から否認される可能性がありましたが、治療を継続されていたことや後遺障害が認定されたことで相手方に治療打切後の通院全期間の治療費について認めてもらうことができました

 労災切り替えや後遺障害申請にあたり、病院とも綿密に連絡を取ることが出来、スムーズに手続きを行うことが出来たと思います。

2021.3.12掲載

むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用