西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

自営業の男性の休業損害が提示額の3倍以上に増額し、1ヵ月で解決した事例

【相談者】 男性(60代) / 福岡市在住 / 職業:測量士
【傷病名】 頚椎捻挫・右肩関節捻挫
【活動のポイント】 休業損害の資料収集、示談交渉
【サポート結果】 提示額の3倍以上の休業損害の獲得。合計約140万円の増額

主な損害項目 サポート前 サポート後 増加額
休業損害 55万円 180万円 125万円
傷害慰謝料 66万円 78万円 12万円
最終支払額 121万円 260万円 139万円

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 60代の福岡市在住の男性が、福岡県内の信号機のあるT字路の交差点で、渋滞のため停止していたところ、後方から相手車両に衝突される事故に遭いました。

 事故の影響で、男性は頚椎捻挫・右肩関節捻挫の怪我を負われました。

 この方は、幸いにも後遺障害が残らず、治療終了後、保険会社から示談金の提示がなされていました。

 提示額が適切な金額か、保険代理店の方にご相談したところ、弊所をご紹介いただき、ご依頼に至りました。

当事務所の活動

 今回は、すでに保険会社からの提示がありましたので、提示額からの増額交渉をサポートさせていただきました。

 提示を拝見したところ、まず、傷害慰謝料が保険会社基準による低い金額でした。

 また、休業損害については、ご本人との事故当初の話と異なり、何ら根拠なく低額な提示となっておりました。

 そこで、ご本人のご協力のもと、事故前数年にわたる確定申告書、損益計算書、事故前後の売り上げ比較表、事故後現場を中止にした回数の分かる日記等の資料を収集し、請求書面を作成して、相手方と交渉を行いました。

当事務所が関与した結果

 交渉の結果、休業損害を提示額の3倍以上である180万円まで増額することができました。

 慰謝料については、裁判基準額を若干下回る金額ではありますが、これは保険会社の決済の便宜上そうしただけで、その分休業損害を高めに認めさせています。

 結果としては、受任して1ヵ月という短期間の中で、総額140万円の増額をすることができました

弁護士 神田 昂一の所感(解決のポイント)

弁護士神田昂一

 一般に、保険会社は、自営業者の方の休業損害の認定について厳しい傾向にあります。

 この方は、収入関係の資料がかなりしっかりと残っていたので、あとは必要資料の収集依頼とそれをどう法的に構成し相手方に請求するのか、という点を重視しました。

 結果的には、【売上の減収額】、【職務内容】、【負傷部位・症状の程度】等から説得的に理由付けを行い、ほぼ請求額どおりの休業損害を認めさせることができました。

 ご本人としても、休業損害に強い思い入れをお持ちでしたので、満足していただける結果を獲得することができたと思います。

お客様の声

お客様の声20161202

2016.12.02掲載

むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用