西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

示談交渉サポートで108万円(約30万円増額)の補償を受けた事例

【相談者】 男性(30代) / 糟屋郡在住 / 職業:アルバイト
【傷病名】 左肩腱板断裂の疑い、左肩打撲、左外傷性肩間接拘縮等
【後遺障害等級】 認定なし
【活動のポイント】 異議申立、紛争処理機構への異議申立、相手方との示談交渉
【サポート結果】 約30万円の増額

主な損害項目 サポート前 サポート後
休業損害 13万円 16万円
傷害慰謝料 84万円 110万円
過失 5% 5%
最終支払額 80万円 108万円

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 30代の糟屋郡在住の男性が、自転車で路側帯を走行していたところ、車道から駐車場に左折進入してきた加害車両に巻き込まれ、転倒するという事故に遭いました。

 男性は、この事故の結果、左肩腱板断裂(いわるゆ肩のスジが切れている状態)の疑い、左肩打撲、左外傷性肩間接拘縮等の怪我を負いました。

 ご相談時には、すでに治療は終了し、事前認定の結果は非該当、相手方保険会社から示談金額の提示もなされていました。

 後遺障害等級申請が非該当であったことや相手方の提示額が妥当であるか相談したいということで相談、ご依頼いただきました。

当事務所の活動

 ご依頼を受けた後、まずはカルテを取寄せるとともに、腱板断裂の有無を確かめるため専門の病院にて再度MRIを撮影し、異議申立を行いました。

 しかし、異議申立結果も非該当であったため、ご本人と相談のうえ、紛争処理機構への異議申立も行いました。

当事務所が関与した結果

 残念ながら、後遺障害等級につき、非該当の結果は変わりませんでした。

 しかし、示談交渉の結果、当初の提示額より30万円近く増額することができました

弁護士 神田 昂一の所感(解決のポイント)

弁護士神田昂一

 ご依頼いただいた時点で、治療も終わり、すでに事前認定において非該当の結果が出ていました。

 しかし、事故状況やご本人の訴える症状からして、単なる打撲として済ませることはできないと考え、ご本人と協議のうえ、カルテ取寄せや画像の再撮影の後、異議申立・紛争処理機構への申立を行いました。

 せめて治療終了前から関与することができていれば、結果は変わっていたかもしれないと思うと、悔いは残ります。

 弊所では、レントゲンやMRIで異常が判明しない場合であっても、治療や通院についてアドバイスを行うこともできますので、ご遠慮無くご相談いただければと思います。

お客様の声

20170210

2017.2.17掲載

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用