西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

示談交渉で裁判基準満額の慰謝料が認められ、約1週間で解決できた事例

【相談者】 男性(30代) / 福岡県在住 / 職業:会社員
【傷病名】 頚椎捻挫、腰椎捻挫
【活動のポイント】 怪我が生活にどう影響しているか細かく説明、示談交渉
【サポート結果】 示談交渉で裁判基準の慰謝料認定約1週間のスピード解決

主な損害項目 金額
傷害慰謝料 82万円(裁判基準
通院交通費 3万円
過失 10%
総賠償額 72万円(治療費含む)

1.相談・依頼のきっかけ

相談風景

 福岡県在住の30代男性が、自動車を運転して十字路交差点を青信号で通過しようとしたところ、対向車線から右折してきた加害者運転の自動車に衝突されるという交通事故に遭われました。

 男性は、この事故で、頚椎捻挫、腰椎捻挫の怪我を負わされました。

 事故から2ヵ月ほど経過したタイミングで、損賠賠償について、今後の保険会社との交渉を弁護士にお願いしたいとのことでご相談され、その後、物損と人身の両方でご依頼いただきました。

2.当事務所の活動

 ご相談・ご依頼をお受けしたのが受傷後約2ヵ月経過したところでしたので、通院期間や示談交渉のタイミングについて検討を行いました。

 その後、治療が終了したタイミングで、人身についての損害額を計算し、加害者の保険会社との示談交渉に入りました。

3.当事務所が関与した結果

 物損については修理費用と過失割合について交渉し、修理費用については当方の主張が認められ、過失割合については裁判所が認定すると予想される割合で決着しました。

 また、人身については、依頼者の症状が改善するまで相手方保険会社の一括対応で治療を続けることができた上、依頼者の症状や支障の内容を説明することで、当方請求額の満額が認められました

 交渉開始してから1週間程で、こちらの主張(裁判基準)で示談することができました。

4.弁護士 澤戸博樹の所感(解決のポイント)

弁護士澤戸博樹

 保険会社との示談交渉では、裁判基準満額の慰謝料が認められるケースはあまり多くありません

 本件では、保険会社に対して、依頼者の怪我の症状を細かく説明し、被害者の生活にどのような影響が出ているかを具体的に説明することで、当方の主張通り、裁判基準での賠償金が認めらました。

 適正な賠償金が認められただけでなく、早期解決も実現でき、依頼者の方にもご満足いただけたので、よかったです。

お客様の声

お客様アンケート

2018.3.2掲載

おすすめコンテンツ

弁護士選びのポイントご相談の流れ弁護士費用

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら