西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

適切なタイミングで転院し、十分な治療を受けられた事例

【相談者】 女性(40代) / 福岡県在住 / 職業:兼業主婦
【傷病名】 右肘部挫傷・皮膚欠損、頚椎捻挫、腰椎捻挫等
【活動のポイント】 転院アドバイス、示談交渉
【後遺障害等級】 非該当
【サポート結果】 主婦の休業損害の認定、適切な賠償額の獲得

主な損害項目 金額
入院雑費 1万3,500円
休業損害 59万円
傷害慰謝料 96万円
総賠償額 277万円

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 40代の女性が信号のない横断歩道を渡ろうとしたところ、右側からきた車にはねられました。

 事故前日はかなり寒く、加害者は車のフロントガラスが凍っていたので水を吹きかけてワイパーを動かしましたが、その日の気温もマイナスですぐに凍ってしまい、前が見えないまま進んだので、被害者の方と衝突したそうです。

 今後の保険会社とのやり取りや示談交渉ついて相談いただき、ご依頼いただきました。

当事務所の活動

 受任後も治療継続中でしたので、ご本人には治療に専念していただき、当方にて事故日からその時点までの経過の診断書を全て取寄せ、具体的な怪我の内容や治療内容等を確認しました

 また、事故状況の確認の為、検察庁より刑事記録の取り寄せも行いました。

 被害者は事故から1ヵ月半の段階で病院より治療終了を求められており、事故態様や負傷の程度から考えて、あまりに早すぎると感じました

 しかし、この医師の意見が保険会社に伝わった場合、治療費の支払いが止まる可能性が高くなるため、速やかに転院することをアドバイスさせていただき、転院した結果、最終的には事故から7ヶ月間通院していただくことができました。

 治療終了後、保険会社との示談交渉へと移りました。

当事務所が関与した結果

 今回は、被害者が主婦であることから、休業損害の請求にあたり事故前及び事故後家事を行っていたのが誰なのか確認する必要がありました

 そこで当事務所では、ご本人へ聴取し、本人ではなく、ご主人やお子様が家事を行われていたことを相手方へ証明しました。

 また、転院により通院期間を伸ばすことができたため、結果として慰謝料はほぼ裁判基準通りで示談することができました。

弁護士 櫻井正弘の所感(解決のポイント)

弁護士櫻井正弘

 治療期間については医師に判断権があり、保険会社もこれに乗じて治療費打ち切りをすることがほとんどです。

 このため、適切なタイミングで転院をできたことが、最終的に十分な治療をうけることにつながったと思います。

おすすめコンテンツ

むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント

後遺障害等級認定サポート

弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用
交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら