西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

一般的な健常人の関節可動域その②

 前回のコラムの続きです。

 前回のコラムは一般的な健常人の関節可動域その①をご覧ください。

 今回は、下半身の主だった部位の参考可動域をご紹介します。

 ※この参考可動域は、年齢などを考慮に入れたものではなく、あくまで「参考」です。「この角度まで曲げることができなければ不健康」というものではありませんので、ご安心ください。

股の可動域

○屈曲 仰向けになり、膝をお腹にくっつけるように股を曲げる動作 125°

○伸展 うつ伏せに寝転がってエビぞりする動作 15°

○外転 開脚(股割り・股裂き)するときの動作。計測は仰向けに寝転がって行う 45°

○内転 外転の反対方向へ足を動かす 20°

膝の可動域

○屈曲 膝を曲げる動作 130°

足首の可動域

○屈曲 つま先をピンと伸ばすように足首を曲げる動作 45°

○伸展 屈曲の逆方向、つま先をスネにくっつけるように足首を曲げる動作 20°

 私が測定をやってみたときには、足首の屈伸で足がつりそうになりました。

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら