西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

Q.示談がまとまらない場合の解決方法はありますか

A.

 当事者間で、示談がまとまらない場合、①裁判手続きを利用する方法②裁判外の紛争処理機関を利用する方法があります。

 ①裁判手続きを利用する方法として、各地の地方裁判所(140万円以下の場合には簡易裁判所)において、加害者に対し損害賠償請求訴訟を提起することが挙げられます。

 裁判手続きを利用する場合にどのくらい時間がかかるかはケースバイケースであり、一概には言えません(1年以内で解決する場合もあれば、解決までに何年もかかる場合もあります。)。

 ②裁判外の紛争処理機関を利用する方法については、次の紛争処理機関がよく利用されています。

 (1)財団法人交通事故紛争処理センター

 (2)財団法人日弁連交通事故相談センター

 いずれの機関も、無料で嘱託弁護士が法律相談と示談斡旋を行い、示談が不調に終わった場合、当事者が希望すれば審査に回されます。審査においては、嘱託弁護士が加害者の負担すべき賠償金額を提示してくれます(これを「裁定」といいます)。

 裁定結果については、加害者の各損保会社及び共済についてのみ拘束力があり、被害者側は裁定結果を受け入れないことも可能です(なお、(2)の機関については、損保会社と協定を結んでおらず、共済についてのみ審査がなされます。)。

 どの手続きを利用すべきかは事案によって異なるため、弁護士等に相談されることをお勧めします。

よく見られている関連ページ

【たくみのこだわり】交通事故紛争処理センターの効果的な利用方法

【たくみのこだわり】認定に不服!!異議申立て・紛争処理・裁判?

交通事故Q&Aに戻る

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用