西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

Q.事故で車が全損になりました。いくら賠償してもらえますか?

A.

 全損(事故車両が修理不能)の場合、通常は、交換価格と事故車両を処分した金額の差額(買替差額)が賠償額となります。

 よく問題となるのは、経済的全損か否かであり(修理不能ではないが、修理費が買替差額を上回る場合を経済的全損といいます)。

①修理費が買替差額を上回る場合には、買替差額が賠償額となり、②修理費が買替差額を下回る場合には、修理費相当額が賠償額となります。

 ①の場合に、買替差額を超えて修理費相当額の支払いを求めても、そのような請求は認められないのが一般的です。

 ただし、相手方の加入する任意保険に対物超過修理費特約が付保されている場合には、買替差額を超えて修理費が補償される場合があります。また、②の場合に、修理費相当額を超えて買替差額の支払いを求めても、同様に認められないのが一般的です。

 経済的全損か否かを判断するには、買替差額(≒時価額)がいくらになるのかを評価する必要があります。

 事故車両の時価額を評価する方法としては、オートガイド自動車価格月報(いわゆるレッドブック)を参考とする方法や、財団法人日本自動車査定協会の査定を参考とする方法があります。

 なお、②の場合、修理をしても、事故車ということで評価が下がることは免れないため、修理費に加えて評価下落分(評価損)も賠償額として認められる場合があります。

 初度登録からまもない車両や走行距離の少ない車両の場合には、この評価損の賠償が認められやすい傾向にあります。

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用