福岡の弁護士による交通事故相談は事故に強いたくみ法律事務所へ
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

手信号の意味、知っていますか?

手信号

はじめに

今年も早いもので1年の半分が終わろうとしています。

先日、九州南部では観測史上2番目の早さで梅雨明けしました。

福岡ももうすぐ梅雨明けだろうと言われており、いよいよ暑い季節がやってくるなと感じています。

すでに30℃を超える暑い日が増えており、熱中症の危険が増していますので、こまめな水分補給・塩分補給を行い、対策をしっかりと行い、体調を崩さないように気を付けて下さいね。

さて、普段何気なく利用している信号機ですが、いざ使えなくなってしまうと、とても困りますよね・・・!

信号機が正常に動いている状態でも交通事故が発生するのに、信号機が止まってしまったら、交通事故が多発してしまう可能性が高いです。

そんな時は、警察官が手信号で信号機の役割を果たしてくれます!

皆さんも、手信号で交通整理をしている警察官の方を見たことがあるのではないでしょうか?

手信号と意味

交差点で、警察官が両手を横に水平にしている時、警察官の正面と背中側は、赤信号を意味します。

手信号

警察官の体が右や左を向いている場合は、青信号を意味します。

警察官が両手を上にあげている時、警察官の正面と背中側は、赤信号を意味します。

手信号

警察官の体が右や左を向いている場合は、黄信号を意味します。

信号があってもなくても、安全運転を!

落雷や台風、地震などの災害で停電したり信号機が故障したりして、一時的に信号が使えなくなってしまう可能性もあります。

その際は慌てず、警察官の手信号に従って行動するようにしましょう!

また、信号が停止して間もなく、警察官が駆けつけていない場合では、速度を落とし、一時停止を徹底して譲り合って進む等、車を運転する全員が協力することがとても大切です。

詳細は、警視庁のホームページ(https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotsu/jikoboshi/torikumi/hand_signal.html)をご覧ください。

以上、事務局でした。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用