西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

労災の申請手続に同行しました。

弁護士神田昂一

 弁護士の神田です。

 先日、労災の障害補償給付の申請手続のため、依頼者の方に同行して、福岡中央労基署へ行きました

 業務中・通勤中の交通事故において受傷し、後遺障害が残存してしまった場合、自賠責保険と労災、それぞれの後遺障害認定を受けることができます。

 どちらか一方だけで良いのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。

 詳しくは、後日、別の記事に書こうと思いますが、自賠責保険と労災では、支払われる金額、項目等が異なるため、一方のみの認定では、損をしてしまうことになります。

 損得の問題ではないかもしれませんが、今後の人生の支障に対する給付である以上、漏れなく受け取とるべきでしょう。

 さて、前置きが長くなりましたが、同行したのは、当然、労災における後遺障害等級の認定をサポートするためです。

 書類審査のみの自賠責とは異なり、労災では被害者本人との面談が実施されます。

 面談そのものに同席することはできませんが、労基署まで同行するだけでも依頼者の方の不安を和らげることができると思います。

 また、自賠責に提出した医師の意見書、画像等を労災にも提出するとともに、当該書類につき私から担当者に説明することで、適正な審査・認定をサポートすることができます。

 面談終了後、依頼者の方から「同行してもらって安心しました。ありがとう」と、のお言葉をいただき、適切な賠償を受けるため、また頑張ろうという力をいただきました。

おすすめコンテンツ

弁護士選びのポイントご相談の流れ弁護士費用

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら