西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 相談実績>
  • 傷害部分の提示額の妥当性と後遺障害の慰謝料が知りたくて来所された方の事例

傷害部分の提示額の妥当性と後遺障害の慰謝料が知りたくて来所された方の事例

事故状況・傷害の内容

 福岡県福岡市在住の私は、信号機の設置されていない交差点を直進中に左側から来た車と出会い頭で衝突をしてしまいました。

 相手方は、一時停止義務違反でした。

 すぐに救急車で搬送され、搬送先の病院にて治療を受け、外傷性頚椎捻挫、右肩と左肩関節捻挫、腰椎捻挫と診断されました。

 治療が終了してからは、頚部外傷後の頚~肩~背部痛と右肩痛、右上肢、右手3・4指(中指・薬指)の痺れが局部に神経痛を残すものとして、後遺障害14級の事前認定を受けました。

 自覚症状としては、腰椎から肩、背部にかけて痛みがあり、右上肢と右手の中指と薬指に痺れが残ってしまったので日常生活や働く際にも影響があります。

相談内容

 相手方保険会社から傷害部分の提示がありました。この金額が妥当なのかを知りたいです。

 また、弁護士の先生が交渉をしたら増額の見込みがあるのか教えていただきたいです。

 事前認定された後遺障害についての慰謝料はどのぐらいになるのか、何を元に計算されるのか等の基準が分からないので詳しく教えてほしいです。

 事故後、50日休業しました。休業損害を請求できるとのことですので、必要書類等をお伺いしたいです。

 インターネットにて弁護士事務所を探していた際にたくみ法律事務所を見つけました。

 実績も豊富で、信頼できそうだと感じたので相談してみようと思いました。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用