西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 相談実績>
  • 休業損害補償の打ち切りを言われ、今後の相談をしたいという事例

休業損害補償の打ち切りを言われ、今後の相談をしたいという事例

事故状況・傷害の内容

 私は、福岡県福岡市に住んでいます。バイクで通勤中、二車線の道を直進していたところ、横から飛び出してきたバイクにぶつかり転倒しました。

 そして、押し出された自分のバイクが対向車線を走っていたタクシーと衝突するという交通事故に遭いました。

 私はそのまま救急車で運ばれ、2ヵ月間入院しました。病院では、左鎖骨骨折・左母指感覚障害という診断を受けました。

相談内容

 退院後、日常生活はできるようになっていたのですが、一定以上の力を入れると痛みが走ります。

 私の仕事がハードな力仕事のため、一日中左肩が痛い状態です。また、左親指の感覚がないため、仕事に支障をきたしています。

 休業損害を貰いながら週に1、2日ほどリハビリに通っていたのですが、退院から1ヵ月ほど過ぎた頃に相手保険会社から「これ以上休業損害は出せません。」と言われ、痛みの出るまま仕事に復帰せざるを得なくなりました。

 職場も、まともに仕事が出来ないと給料を下げるしかなく、それを補うために事故前よりも早く出勤し、仕事終了後も遅くまで残って作業という生活を続けてきました。

 病院のあいている時間までに仕事が終わらないことも多く、通院できない日もあります。

 事故後は非常に辛い生活が続いています。

 今後、どういった行動が必要になるのか専門家の意見が欲しく、弁護士事務所に相談の予約をと思い連絡した次第です。

関連ページ

バイクでの交通事故の解決実績

手・肘・腕の後遺障害の解決事例

手、腕、肘、肩、手の指の後遺障害

肩の後遺障害の解決事例

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用