西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 相談実績>
  • 後遺障害等級申請について申し立てをするか示談にするか相談したくて来所された事例

後遺障害等級申請について申し立てをするか示談にするか相談したくて来所された事例

事故状況・傷害の内容

 福岡県宗像市在住の私は、交差点を走行中に私の後ろを走っていた車が左車線に車線変更をした後、すぐに右方向にUターンを始めたために私の車前部にぶつかるという事故に遭ってしまいました。

 すぐに病院で治療を受けました。

 事故による症状としては、頚椎捻挫、腰椎捻挫、両肩の打撲傷、背部打撲、外傷性頚部症候群、右股関節捻挫と診断されました。

 自覚症状としては、両肩と頚部、背部、右股関節に痛みがあります。

 また、外傷性頚部症候群による気分不良となる場合もあります。

 病院と整骨院の両方に通院をして、物理療法と薬物療法を受けていました。

 現在は、治療終了しています。

相談内容

 事前に後遺障害等級の申請を行いましたが、「いずれの部位にも異常所見は認められない。」ということで結果は非該当でした。

 今後、不服申し立てを行ったら認定される可能性があるのか知りたいです。

 そして、この結果が妥当であれば、このまま相手方と示談をしてもよいのか直接弁護士に相談をしたいです。

 損害賠償基準についてもどのくらいであるのかお伺いしたいです。

 そして、弁護士の先生方に交渉を行っていただいたら、どのくらい増額が出来るのか知りたいです。

 以前、他の法律事務所の弁護士に相談をしたこともありますが、対応があまり気に入らず不快な思いをしました。

 インターネットで新たに法律事務所を探していた際に、たくみ法律事務所を見つけて、場所も渡辺通り沿いにあるので分かりやすくて良さそうだと感じ、相談してみたいと思いました。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用