西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 相談実績>
  • 手首の麻痺が残っているのに保険会社から治療打切りを言われ困っていると相談された事例

手首の麻痺が残っているのに保険会社から治療打切りを言われ困っていると相談された事例

事故状況・傷害の内容

 福岡県福岡市在住の私は約2ヵ月前横断歩道を徒歩で走行中、曲がってきた車が私に気づいておらず轢かれそうになったため避けたのですが、完全に避けきれず右手首を車に当てられるという交通事故に遭いました。

 対面の信号は青信号でした。右手関節捻挫と診断されています。

 怪我の見た目は普通に戻っていますが右手首に麻痺が残っている状態です。

 日常生活に特に支障があるわけではございませんが、事故前には麻痺はなかったので違和感があります。

 手首のだるさ、パソコンのマウスが少し使いにくいという症状があります。

相談内容

 現在事故より2ヵ月治療を続けている段階です。

 保険会社より治療の打ち切りのお話をされましたが、まだ麻痺が残っているため治療を継続したいと考えていますので困っています。

 治療の継続について弁護士の先生にご相談したいと考えています。

 また、その後の示談交渉もお願いできればと思います。

 仕事は1日休業し休業損害が発生しております。

 通院は初日のみタクシーを利用しその他は自家用車を利用していました。

 整形外科のみの通院となっております。

 インターネットで「交通事故、福岡」と検索し貴事務所のことを知りました。

 治療打ち切りのお話をされているためできるだけ早めのご相談を考えています。

 何卒よろしくお願い致します。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用